旧米軍施設「小柴貯油施設跡地」で男性が重機ごと転落

それでも、市担当者の市議会での答弁や、市が工事再開に先立って発表した「安全対策」から、事故の原因が見えてきた。

18
当時、工事現場では、 男性1人が重機を使って、別の工事で出た土砂を積み上げる造成作業をしていたもよう。 重機操縦者には、これらのいずれかが欠けていたために事故となったと思われる。

横浜市、小柴貯油施設の重機転落事故の工事会社はどこ?救助の進捗は?元アメリカ軍燃料貯蔵タンク内で捜索続くも難航

さっそく見に行ってきました。

その後、28日午後、作業員の男性の遺体が発見され、会社員の 高橋和昭さんと確認されました。

横浜市金沢区で重機を操作して作業をしていた男性が側に空いた穴に転落

本当に心配なところですが、巨大な穴のうえに、泥水もたまっていて捜索活動は難航しているようです。 (今回の事故現場の穴は、この写真の左端中央の道路が湾曲している付近で、写真では埋まっている) — Vista NCF800 穴は地下タンクになっており、その大きさは、直径約45メートル、深さ約30メートル。 jp, 小柴貯油タンクの爆発事故の真相究明を横浜市に要求 , December 19, 2019 ・ Img. ダンプカーの運転手は午後 1時頃に重機を確認していたが、およそ 2時間後に重機がいなくなっているのに気付いたという。

3
その後、横浜市議会で質疑応答が行われ、新たに分かった情報が出ましたが、私が知る限り、メディアでは毎日新聞だけが報じています。

深さ30mの“落とし穴”に重機が転落

この時、地下タンクの縁から少なくとも 14m離れたおよそ 2,300㎡の場所を置き場に指定したという。 そのため二次災害の危険から、 捜索方法の再検討を行っているということで、作業は難航していました。

2
ニュースに出てだけどかなり穴がデカいねこれ…。 はたの氏らは「工事の発注者である横浜市は工事に伴う危険性を認識していたのか、業者にはどのように伝えていたのかをただしていく必要がある」「全面積無償貸与を条件に、タンクなどの撤去を市に任せた国の責任も追及していく」と話しました。

旧米軍施設「小柴貯油施設跡地」で男性が重機ごと転落

横浜市によると、今年 5月、土砂の搬入が始まる前に、市の担当者や工事施工者が立ち会って現場で土砂を置く場所を検討したという。

9
このような空地に残土が置かれ、盛り土を形成することはむずかしくはない。

横浜市、小柴貯油施設の重機転落事故の工事会社はどこ?救助の進捗は?元アメリカ軍燃料貯蔵タンク内で捜索続くも難航

横浜市議会で転落事故に関する質疑があり、横浜市は、工事を受注した工事施工者側に示した図面にタンク跡の位置が明記されていなかったことを明らかにした。

18
ですが) 熱しやすく、冷めやすい 典型の日本人的で、大手メディアからこれですから、なんとかならないでしょうかね。 org, 隣接タンク工事の火花による米軍覆土式地下石油タンクの火災 ・ City. 次ページでログインまたはお申し込みください。