「事業再構築補助金」は個人事業主・フリーランスでも申請可能?

対象経費についての情報を記載• さらにでは 次のような記述もあります。

11
ものづくり補助金では、中程度の投資額と経営改革、小規模事業者持続化補助金では小さな投資額で小さな改革、という位置づけでしょうか。 そして 毎月の給与として一定額をプライベート口座に振り込む取り扱いにするのです。

【事業再構築補助金】個人事業主・フリーランスの申請のポイントは?

認定支援機関という大きな組織をイメージさせる言葉ですが、実際は街なかの5人程度の税理士事務所でも認定支援機関として認定されている場合もあります。 申請に用いる任意の3か月(2020年又は2021年)の売上がわかる 確定申告書第一表の控え• 事業再構築補助金の対象に個人事業主は書かれていないけど? まず個人事業主は対象なのか。

20
当サイトのように図や表を用いた解説記事でまず大まかな概要を知っておくと、公募要領を読むときにも理解が早くなります。

事業再構築補助金の申請方法を教えます!申請書の書き方と提出方法

こんなパターンが一年程度の間でできるのかと疑問を持つもの、新分野展開と事業転換のどちらにも当たる例など、やっぱりわかりにくいです。

業態転換については、以下記事にて豊富な事例をご紹介しています。

事業再構築補助金の申請方法を教えます!申請書の書き方と提出方法

しっかり準備して、補助金が得られるよう検討してみてください。 申請要件について 1.売上が減っていること。 【注3】企業組合、協業組合、事業協同組合を含む「中小企業等経営強化法」第2条第1項が規定する「中小企業者」や、収益事業を行う等の要件を満たすNPO法人も支援の対象です。

3
まとめ. ここで問題となるのは個人事業主・フリーランスの人件費です。 補助対象経費の活用方法や補助対象外経費については、コラムに記載しています。

再構築補助金対象事業

受付は電子申請のみ!GビズIDプライムアカウントが必要 受付は電子申請のみとなり「 GビズIDプライムアカウント」が必要です。 小規模事業者よりも規模の大きな法人を想定している中小企業の定義も、この法律に定められていますが、そこでは「会社及び個人」(2条1項1~4号)とハッキリ書かれています。

11
広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)• よって、個人事業主やフリーランスも小規模事業者持続化補助金を受ける資格があると解釈できます。 事前着手申請の手続きは、事業再構築補助金の申請とは別に事務局へメールで申請する必要があります。

事業再構築補助金は個人事業主やフリーランスでも申請できるの?

詳細は公募要領を参照してください。 採択率は現時点では不明• また、主要経費として建物費、建物撤去費、設備費、システム費、リース費が挙げられている一方で、その他の費目は関連経費に位置づけられています。 その計画の最終年の売上高に占める新規事業の割合が10%以上なのか、最大の構成比になるかという要件です。

15
所在地• そうすると、人件費の額が明確になり、その「自分が自分へ支払う」給与額を毎年少しずつ引き上げていけば、付加価値額の「年率平均3. 法人番号•。

事業再構築補助金の事業計画づくり①

事業再構築指針は、申請に当たっての最低条件です。 4月10日追記:活用パターンは以下の4つの例があり、やはり新分野展開との違いがわかりません。 事業再構築にかかる事業計画を認定経営革新等支援機関と策定すること• この補助金は公募期間が比較的に短いということが注意すべきポイントです。

つまり、この従業員要件を満たせるのは小規模事業者だけであり、個人事業主やフリーランスもこの枠で申請するのが多くなると予想されます。

【個人事業主・フリーランスは対象?】事業再構築補助金について

認定支援機関に問い合わせるときは、「事業再構築補助金に応募したいのですが」とご相談いただけるとスムーズです。 新事業への展開や業種業態の転換など、事業規模の再編・拡大に取り組む中堅中小企業を支援するための補助金• にも例示があります。 事業再構築(業態転換)• 補助金額は持続化給付金よりも積み増す方向で、企業にも一定割合の負担を求める。

18
業態転換の場合でも、製造業は新製品の製造が必須ですし、非製造業でも設備撤去をしないのであれば新商品・新サービスの提供が必須です。 どうぞお楽しみに。

【税理士が解説】ポストコロナに対応した事業再構築補助金の公募が開始!フリーランス・個人事業主を支援

事業再構築補助金は令和3年度中に全5回が予定されており、申請には• 事務局は優先順位無しとしか言いませんが 「主な」は複数の「業種」または「事業」を行っている事業者にとって売上最大の「業種」または「事業」という意味でしょう。 0%以上増加すること 最後の要件は事業の付加価値についてです。 事業再構築は別名:業態転換とも言われていますが、例えばこれまでイートインのみで営業していた飲食店がテイクアウトを始めることも業態転換のひとつと言えます。

11
事業計画書のダウンロード にて、事業計画書のテンプレートが公開されています。 補助金の採択率は、公募要件の複雑さ、公募期間の長さ、予算残額と公募期間の兼ね合い等で決まりますが、これらの情報が未発表ですので、推察することも困難です。