大地震の予兆を専門家が観測。異臭騒ぎ関東や東南海より切迫した地域とは

また、硫化水素系の臭いでガスとは違うものだったようだ。

やはり江戸の時代から「 ナマズが騒ぐと地震が近い」という俗信が信じられていたようです。 2011年の東日本大震災から今年で10年。

大地震の予兆、炭疽菌テロ…「横浜異臭騒ぎ」の原因解明が一刻を争うワケ

東海大学海洋研究所 地震予知・火山津波研究部門のサイトが参考になると思いますので 貼っておきますね。 新妻名誉教授は、自身のホームページ「新妻地質学研究所」に7月24日、千葉県銚子沖の九十九里スラブ(海洋プレートがマントル中に沈み込んだ部分)下面で6月25日に発生したM6. 市や消防にガスのような臭いとの通報が40件以上あったとの事です。

過去の事例から原油タンカーなどが洋上でガス抜きを行って異臭の原因になる可能性もあるという事ですが、横須賀海上保安部は「海上で異臭を感じた船舶からの情報はなく、ガス抜きではないと考えられる」と発表しています。 それでは何故地震と異臭とが結びつくのかを考えてみますと、一つは上記の阪神大震災の事例が影響していること、次に火山活動の場合は当然火山ガスによる異臭があること、さらに地滑りや土石流等の土砂災害の前兆としては、政府広報にも「腐った土の匂いがする」という記載があることから、地震の前兆と勘違いされている可能性も存在します。

神奈川の異臭は大地震前兆?静岡の湧き水異常や首都圏で磁力低下も?詳しく解説 | PECOログ

その演題は『日本沈没が開始されたか』である。 村井教授は、地震の多い日本に「地震予測」は欠かせないものであると考え、2013年1月に「JESEAジェシア(地震科学探査機構)」を立ち上げ、メールマガジン『』の配信をスタートさせている。

20
「三浦半島や東京湾を挟んで対岸にある房総半島南部の周辺には活断層が多く、東京湾口には『相模トラフ』が存在します。 皆さん『ガス臭い』というが、都市ガスが漏れてきた時の都市ガスに付臭している着臭剤のにおい。

【緊急警告】相次ぐ「異臭騒ぎ」はガチで巨大地震の前兆だ!! 月と連動、少しずつ北上… 過去データで発覚、最恐にヤバい事態!

今年もこのパターンだと嫌だな。

「 「安政江戸地震」(1855年)の江戸直下のM7という巨大地震が発生する2時間前、浅草のメガネ屋さんに置いてある磁石に付いていた釘などが落ちたというエピソードが、『安政見聞誌』(あんせいけんもんし)という書物に書かれていたことで広がったと言われています。 7月17日は新月の4日前と多少間が空いているが、それ以外は満月・新月の前後2日以内に発生していた。

また横須賀で異臭騒ぎがあったらしいですが、地震の予兆ではないか、という...

地震が起きてなくても、異常行動を起こすこともありますしね。 この時は三浦半島南部を中心に異臭があり、各地の消防局には合わせて300件以上の通報があったそうです。

18
つまり4つのプレートが複雑に絡み合う場所であり、過去に何度も大きな地震を引き起こしてきました。

異臭騒ぎが大地震の前兆だった、という話は証明されるか

今年5月に始まった神奈川県三浦半島での異臭騒ぎ。 『』は、この 北信越地方で大きめの地震が起きる可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。

村井教授がメルマガ『MEGA地震予測』にかける思い 村井教授には、あの東日本大震災の前兆を捉えていながら、情報を事前に配信できなかった過去の苦い経験がある。