進撃の巨人キース・シャーディスの正体は?グリシャと友人の真相も|進撃の巨人 ネタバレ考察【アース】

そして、自らは退き「特別な人間」に調査兵団の団長を託したのです。

忘れてた頃にしっかりと伏線回収するところに、感嘆の声が溢れますね。 その優秀さ・マーレの危機を察している人物として評価は高く、マーレ国の影の指導者であるタイバー家当主・との会談では、諸国からの憎悪と巨人戦力の影響力の低下により危機に瀕するマーレ国を救いたいという彼から協力を持ちかけられた。

キース教官とエレン、グリーシャとの昔話な進撃の巨人71話

戦士隊突撃による大損害必至の列車砲破壊を一度は命じるが、ガビの無謀かつ本来禁止の国際法違反作戦を認め、見事窮地を脱する。

1
MAD 這いよっているのはに教官である。

進撃の巨人 シャーディスがハンジ達の味方をしたワケとフロックの今後考察! 129話懐古

(104期ユミルの『どうしてその殺意が自分に向くんだよ!』を思い出すなぁ) 同じ『裏切り者』だけど、内に向いてるか外に向いてるかでこんなに変わるんやな……(むしろイェレナ『自分のほうがまだマシ』くらい思ってそうな気も……) この辺の『同じようで違う点』が、イェレナの今後の行動(エレンの居場所へのヒント提供)に影響与えたりするんでしょうかね? しかし、言ってしまったらイェレナ退場待ったなしのような気も…… シャーディス教官がハンジさん達の味方した理由 そして期待はしてたけど、シャーディス教官助けに来てくれた! 死んだ…… やはり窓の人影は教官でしたね。

16
71話の最後では、カルラの想いを受け、エレンを兵士にさせないため立体起動装置に細工をしていたことが明らかにされましたが、結局は、何も事態を変えることのできない「傍観者」であったことを再度認識する締めくくりとなっています。

キース教官とエレン、グリーシャとの昔話な進撃の巨人71話

エレンの父親のとは面識がある模様で、エレンがグリシャの息子である事も知っていた。 の番外編(コミック未掲載)によると、通過儀礼は彼が調査兵団団長を現役で務めていたときから存在していたもので、当時は全員に行われていたが、調査兵団に入って間もなかったと対面した際の一件で、その必要がない者は免除されるようになった。 最後は本来敵同士であったマガトと手を組み、未来ある若者の行く手を守るためを命を落とします。

16
(なお、後日73話は74話と共に再放送された。 兵団:訓練兵団教官(過去、第12代調査兵団団長) キースはスキンヘッドと顎髭が特徴の訓練兵団の教官です。

キース・シャーディスとは (キースシャーディスとは) [単語記事]

息子の姿が見えないとキースに詰め寄る母に、巨人に喰われた残りの腕を持ってきて見せ「それだけしか 取り返せませんでした」というキース。

また作中で突撃戦法しか取れないと揶揄されていたが、逆に言えば 突撃しかしていないのに自分は確実に生き残っているということであり、個人としての技量もリヴァイ程でないにしろ非常に高かったと考えられる。 現在の読者も、ハンジさん達の行動がいまいち理解出来ない人多そうだけど、一番理解できずに困惑してるのがフロックやろうし。

進撃の巨人キース・シャーディスの正体は?グリシャと友人の真相も|進撃の巨人 ネタバレ考察【アース】

捕まらずに巡洋船を爆破するため、2人はこのまま弾薬庫で自決する覚悟を決めます。 これまでは、マガトさんが言ってたはずの言葉ですよねこれ。

7
ユミル が描かれています。 その最中で島の人と触れ合い、本音を知ることでマーレとエルディア双方の犯してきた歴史の過ちに気づき、歴史を正しく後世に伝えることが重要だと悟る。