【休憩時間に関するNG対応】この社内ルール、法律的にOKなの?

労働時間が6時間から8時間以内の場合 労働時間が6~8時間の間の場合、休憩は45分設けることが必要になります。

13
休憩時間の使い方に指示(黙示の指示であったとしても)があるのであれば、それは休憩時間とはいえず、賃金が発生する場合があります。 休憩時間は、労働時間の長さに応じて、次のとおり定められています。

パートの休憩時間は何分?法律や注意点を徹底解説【事例あり】

法律では、休憩は社員に「自由に利用させなければならない」としています(労働基準法 第34条 第3項)。 警備員の仮眠時間は手待ち時間とみなされるかどうかが争点となりました。 ただし、以下の業種については、自由利用の原則が適用されません(労働基準法施行規則第34条)。

11
労働時間が8時間を超える場合 労働時間が8時間を超える場合は60分の休憩が必要です。

休憩時間の法的ルールとは?長さや取り方をわかりやすく解説

しかしながら、「リフレッシュするために、休憩時間くらいは職場を離れたい」「社内で休憩しても、休んだ気にならない」という従業員の声が挙がるかもしれません。 店長なので残業代は出ないと思っている 以上の内容については、以下の記事で詳しく解説しています。

9
関連: 休憩時間の付与に違反した場合の罰則 労働基準法による休憩時間の付与は義務であり、 違反した場合は、罰則として6か月以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。 <参照> 7時間の他にいくつか例を出すと次の通りとなります。

休憩時間とは? 法律で決められた休憩時間、休憩時間に関連するトラブル事例について

しかし発注元が委託先に時間管理などを実施した場合は労働者とみなされるため、休憩時間が必要になる可能性があります。 工場は人間関係が楽な職場だと思ったら、休憩時間は雑談ばかりだった 工場は社員どうしの会話や飲み会の誘いが少ないなど、人間関係が楽な職場として知られます。

15
そのため、休憩時間は最低1時間必要です。

労働基準法上の休憩の与え方|5、6時間勤務で休憩は発生する? 残業中の休憩は|@人事業務ガイド

職場の環境が原因 上司が休憩をとらせてくれなかったり、忙し過ぎたりするのも仕事中に休憩が取れない原因です。 関連: また、休憩時間の自由利用といっても、会社は外出許可制のような一定の制約を課すことはできます。

3
ただし、一斉付与の原則については2つの例外があります。

労働基準法上の休憩の与え方|5、6時間勤務で休憩は発生する? 残業中の休憩は|@人事業務ガイド

なお、最初から「法律違反です」と直接的な強い言い方をすることは避けましょう。

2
なぜなら、現在の状況をそのまま放置していると、いつも適切に休憩を取得できず、疲労回復する機会を失い続けることになるからです。