弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった(第4話)幼き宰相の決意1・2

奥様、ここ数日あまり元気がありませんよ。 ピアの膝裏に腕を入れ抱き上げる。 ピアを手に入れればいいだけだ。

14
ピアの自己評価は低いけど ルーファスはその低い自己評価さえ 囲うために利用してんじゃね? って思うぐらいには、激愛してます。

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった_を読んで

目の下にクマができている。 居処も事情も見当がつく。

9
隣に身を滑り込ませ、布団を引き上げその中で抱きしめる。

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった(第4話)幼き宰相の決意1・2

「私を疑ったピアにはお仕置きが必要だと思うね」 「あ、謝ったわ!」 「足りない。 それではピアとルーファスの真夏には暑苦しい激甘カップルを今後とも宜しくお願いします。 アンドリューをよろしく」 「それはようございました。

5
まさか、この女の子は、侯爵家の金でもなく、権力でもなく、私の愛が欲しいのか? ……そうか……この子は 私 ・ 自 ・ 身 ・ が欲しいのだ。 ぼんやりし、パチパチと瞬きを繰り返し目をこする。

弱気MAX令嬢なのに、辣腕婚約者様の賭けに乗ってしまった(第4話)幼き宰相の決意1・2

ピアは怯えのために従順な令嬢の仮面を外した。 「ただいま」 数日ぶりに深夜遅く帰宅する。

私が他の女と過ごしたとしてもピアは嫉妬したりしない。

弱気MAX!本日発売|小田 ヒロの活動報告

この時、ヒロインが家柄ではなく自分を慕っていることを悟り、一瞬で恋に落ちちゃうヒーローが可愛い。

16
やがてそれを量産させ、興味を示す若者に使用法を伝授し、人材を国中に派遣する。 「……いえ、何でもありません」 ピアに覆いかぶさり、顔の真横に肘を置き、両手で顔を挟み、額を合わせてプレッシャーをかける。

弱気MAX!本日発売|小田 ヒロの活動報告

愛するピアを権力闘争の渦になど巻き込ませるものか! そうは言いつつも金は大事だ。 ガウンの腰紐もとき、寝間着姿にしてベッドに横たえる。

9
ピアにしか欲情しないんだけど?」 「……は?」 わざと意地悪にそう言うとピアが全身を真っ赤に染める。