映画『メジャーリーグ』、シリーズ化されたコメディ・野球映画の傑作です

監督としての役割をジェイクに委ねる。

7
Corbin Bernsen was enjoying fame on LA Law. 「 メジャーリーグ3」 監督・脚本 ジョン・ウォーレン 出演(役名) スコット・バクラ(ガス・カントレル) コービン・バーンセン(ロジャー・ドーン) デニス・ヘイスバート(ペドロ・セラノ) 石橋貴明(タカ・タナカ) エリック・ブラスコッター(ルーブ・ベイカー) ジェンセン・ダゲット(マギー・レイノルズ) テッド・マッギンリー(レナード・ハフ) ボブ・ユッカー(ハリー・ドイル:実況アナウンサー) アメリカ公開 1998年4月17日 日本公開 1998年6月6日 「 メジャーリーグ3」 ・「 メジャーリーグ3」というのは 日本向けのタイトルで、 アメリカでは「 映画メジャーリーグシリーズの番外編」と扱われています。

メジャーリーグ(映画)

ハリー・ドイル 演 - 、日本語吹替 - インディアンス贔屓の実況アナウンサー。

しかし予想に反して本人の資質は高く、頭でバットをへし折るほどの馬力と、プレーといわれる外野フェンスも恐れぬ強気な守備でチームを盛り立て、チームにかつての闘争心を蘇らせるきっかけを作る。

メジャーリーグ3

バレエの経験があってか素早く身軽だが、手首や指の柔軟性に欠け、キャッチボールやノックもまともにできない。

撮影は「ルーカスの初恋メモリー」のレイナルド・ヴィラロボス、音楽は「熱き愛に時は流れて」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。 実際、制球力を身に付けたことで瞬く間に三振王候補となったリッキーの様に個人の活躍が取り沙汰されることは無いものの、対ヤンキース戦ではローテーションを崩してまで先発投入される等、信頼が高いことが窺える。

メジャーリーグ3

演じたユッカーはアトランタ・ブレーブス等で活躍した元キャッチャーで、本業はミルウォーキー・ブルワーズ専属アナウンサーである。 そのため選手達に対しあの手この手の嫌がらせを行ってチームを負けさせようとする(遠征の飛行機をプロペラ機やバスに変えたり、ロッカーのシャワーの修理をしないなど)。

10
美術:ジェフリー・ハワード 登場人物 インディアンスの選手、コーチ、監督 ジェイク・テイラー 演 - からインディアンスに入団したベテラン選手。 長打力だけが 取り柄の、変化球には対応できない ブードゥー教信者のバッター。

メジャーリーグ (映画)

その他 リン・ウェルズ 演 - ジェイクの元恋人。

9
試合の際には太いフレームの眼鏡をかけることになり、当人は不満タラタラだったが、そのことで制球力を身につけ、一躍リーグの三振王候補となる等、上昇気流に乗ったチームのシンボルとしてアイドル的な人気を獲得していくことになる。 タカ・タナカ( 石橋貴明)は前作「 メジャーリーグ2」から続けて 2回目の登場。

メジャーリーグ(映画)

製作はクリス・チェサーとアービー・スミス、監督・脚本は本作品が日本公開第1作になるデイヴィッド・ワード。 英語が不得意(なぜかがいない)で、を常に携帯している。 ・日本でもそこそこヒットした「 メジャーリーグ2」、気軽に楽しめる続編でしたが、評価は低いです。

12
およそメジャーリーグでは通用しないような選手達を集めて、 新オーナーは勝てないチームを作ろうと手を回す。

メジャーリーグ2

野球映画としては最高に面白い映画です。 右投右打でポジションは。

10
さらに人間関係にも悩まされる。

メジャーリーグ(映画)

嘆願があっても老朽化した設備の中にチームを放置してトコトンまでやる気を削ごうとするも、結果的にやり過ぎたことと、チャーリーの裏切りにより反対にチームをやる気にさせることになる。

13
メキシカンリーグのキャッチャー、ジェイク・テーラー(トム・ベレンジャー)や刑務所から仮出所してきたピッチャーのリッキー・ボーン(チャーリー・シーン)たちは、憧れのメジャーリーグ入りに張り切るが、もとより実力のない彼らの戦いぶりは惨めで、連戦連敗を繰り返していた。