“AR、LT / HOODY、JACKET” アークテリクス

アトムARは、Lサイズにしないとインナーは着られなそう。

4
Lサイズにすると着込む余裕はありますが、全体的にオーバーサイズな印象でした。 カラー:キングフィッシャー、他2色• 素材 アークテリクスが独自に開発したコアロフトという通気性と速乾性に優れた化学繊維が中綿として使用されています。

ウェブエンジニアでもできるアークテリクス アトム ar フーディ

「アトム AR フーディ」はレギュラーフィット。 身長170センチ Mサイズ着用。 肩の縫い目はあらゆる方向への動きを可能にし、スキーや登山に最適。

しかし、漂白剤やソフト剤が入ったものは使ってはいけません。 実際に管理人はブラックダイヤモンドの羽毛&プリマロフトゴールドブレンドのライトなダウンを持っていますが、見た目よりはかなり暖かいんです。

“AR、LT / HOODY、JACKET” アークテリクス

ベストはウエア本体のポケットに収納できるパッカブルタイプ アトム LT ベスト メンズ(右)• このアトムシリーズには ・SLフーディー ・LTフーディー ・ARフーディー の 3シリーズに分かれています。 結論:アウターでの活用はできそう。 重量を考えると驚異的な暖かさ• ・アークテリクス 基本装備/幅広くさまざまなアクティビティやコンディションに対応する、高機能デザイン。

インナーは、ベースレイヤーを想定してサーマルシャツ1枚です。

【アークテリクス アトムLTフーディ】AR?LT?どっちがいい?そして意外と難しいサイズ感

公式HPより なるほどこの違いか… アトムLTは中間着の役割を果たすものなので、あんまりダボダボでも困りますもんね。 という事で後日原宿の直営店へ向かいました。 登山用品が衣服も含めて軽量化というキーワードで語られることが多いですが、アトムARフーディーは「M」サイズで約470グラムとの事。

13
Tyonoはナイロンで生地にはDWR加工がされているって英語で書かれています。 大き目のフードもデザインのポイントとしてオススメです。

【ARC’TERYX】様々なアウトドアアクテビティに対応、適切な保温性を保つアトムシリーズ

ちょっと詳しくお話します。 アトムシリーズ ar,lt,sl の画像比較レビュー 左から、「」「」「」です。

ちょっとだけシャカシャカ感はありますね。

2019/11/17 オフトンから抜け出せない全大人にオススメしたいARC’TERYXの「ATOM AR HOODY」

ジッパーで生地が傷つくことがあるそうです。 アトムLT・アトムSLは脇下がフリース地のストレッチ素材なので伸びるというのも要因かもしれません。

18
詳しくは、「」という記事に書きましたので、よかったら参考にして下さい。 アトムシリーズ ar,lt,sl のレビュー記事からおすすめポイントの紹介 アトムシリーズすべてを愛用しているのでブログ記事を書きました。

【アークテリクス】アトムLTフーディを勢いで買った。後悔はしていない。

スタッフが発信する フレッシュでホットな情報はLINEでお届けいたします。

秋口 11月下旬くらい ならば、アトム LT フーディで十分ですが、冬になってくると防寒性が物足りなくなってきます。