種苗法「改正」の問題点/田村貴昭議員に聞く

在来種は登録されていないから誰のものでもない。

8
改正法案で、自家増殖に許諾が必要となるのは、国や県の試験場などが年月と費用をかけて開発し、登録された登録品種のみです。

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

どちらもグローバル企業のための改正。

4 この法律において「加工品」とは、種苗を用いることにより得られる収穫物から直接に生産される加工品であって政令で定めるものをいう。 それに、海外の流出を防ぐのは無理だという意見も 食料供給を支える小農が自家増殖を禁じられて営農が困難となり、食という生存の要を脅かされるのが種苗法改悪案です。

種苗法改正は改悪か、農家と消費者の視点から考える【種苗法改正を考える緊急連載 第1回】

・ ・ ・ 「種苗法改正案」の審議が一時ストップ 2020年5月に 国会で 種苗法改正案の審議、 承認がなされる予定でした。

最も作付面積の大きい「コシヒカリ」は、育成者権がない一般品種だとされます。

「種苗法改正案」で農家が窮地に? 柴咲コウ警鐘も、農水省「誤解が解ければ反対する理由ないのでは」: J

農林水産省に 200字以内のパブリックコメントを 提出しました。 ・ ・ ・ 種子市場は7兆円から10兆円へ増えていく 世界の種子市場の規模は アメリカの市場調査会社によると、 2018年に669億米ドル(約7兆円)。

14
つまり、今回の「種苗法改正案」では、本来の目的を達成することができないため、 一旦取り消しを求めます。 いろいろな方と交流をさせていただき やはり 今回の「種苗法改正案」は反対です。

種苗法改正の問題点―種子条例の意義と地方自治体に今後できること

それを達成するためには 「海外での品種登録を行うこと」が解決法です。 そこで、海外流出自体を防ごうとするのが今回の法案だ。

他にも戦後日本の農村・農業の自立を支えてきた農山漁村文化協会(以下、農文協)は、「農家の自家増殖『原則禁止』に意義あり!」という取り組みを行い、HPで関連の記事を無料で公開し、農家の関心を集めている。

「種苗法改正案」で農家が窮地に? 柴咲コウ警鐘も、農水省「誤解が解ければ反対する理由ないのでは」: J

自家増殖に許諾が必要となるのは、国や県の試験場などが年月と費用をかけて開発し登録された登録品種のみです。

4
近年、日本の研究機関が数十年かけて開発した高級ブドウやサクランボなどの種苗が海外に流出し、アジアなどで格安で販売される事例が相次いでいる。