校門圧死事件とは?ブラック校則見直しのきっかけになった事件?

門扉の撤去は不当だとして工事費などの返還を求める住民が訴訟を起こすが、(平成11年)7月12日の第三小法廷の判決で、学校側の措置を適法として住民の訴えを棄却する判決が確定した。 事件に直接関係がなく、むしろ被害者とも呼べる立場で部活に熱心に打ち込んできた生徒たちの心情を考えると、いたたまれない気持ちになります。

10
集まった人々は、教育現場で失われた命の重みをかみしめ、改めて事件を風化させないことを誓いました。 今年も6日午前8時半から校門前で追悼集会をする。

神戸・校門圧死事件発生から31年 当時の教師や生徒、現場で黙とう(神戸新聞NEXT)

細井敏彦は「判決には不服だが、自身や家族の心労を考えて控訴しない判断をした」として 判決を受け入れました。 その後も「高塚門扉」とタイトルを変えて会報を出し、事件発生日に門の前で追悼集会を続けた。

16
(事件の説明を含む)今後の保護者会の開催を打ち切ることを宣言した。 事件当時は1990年ということで 一番学生の人数が多かった時代です。

神戸新聞NEXT|総合|校門圧死事件30年、最後の会報 メンバー高齢化で活動に区切り

【神戸高塚高校校門圧死事件】1990年7月6日、兵庫県立神戸高塚高校で、登校してきた1年の女子生徒が、遅刻指導として男性教諭が閉めた鉄製門扉に頭部を挟まれ、死亡した。 この時、細井敏彦ら3人の教師はこの事態に気がついておらず、他の遅刻した生徒への指導を行おうとしています。 高校側としてはせめてもの配慮のつもりだったのかもしれませんが、本当の事件の原因は門扉ではなく、保守的すぎた教員のほうだったのではないでしょうか。

H 【校門前で】 1990年7月6日、神戸市西区にある県立神戸高塚高校で、H(当時39歳)は他の2人の教師とともに、通用門で遅刻チェックをしていた。

校門圧死事件から30年 学校前で追悼式 教師が閉めた鉄製の門に女子生徒が挟まれ死亡 兵庫県立神戸高塚高校

現場に居た別の生徒が門扉を押し戻したり叫んだりしたことで、細井は初めて事件に気付いた。 当時、同校の教員で、今も追悼の活動を続ける高橋智子さん(78)=神戸市西区=は振り返る。

12
同校も西神ニュータウンの人口が増え、全校生約1500人のマンモス校に膨れあがっていた。 (略)当時そんなことを考える余裕は私にはなかった。

校門圧死事件

『校門を閉めたのは教師か —神戸高塚高校校門圧殺事件』(、はやしたけし 駒草出版、1990年11月 )• 検察もおおむね一個人の過失と判断して裁判に望んでおり、も教員一人によるとするを続けていた。 しかし内容は事件に対する懺悔が綴られているわけではなく、終始自己弁護と自分の行動の正当化に徹しているため、読者からは「胸糞悪い」「厚顔無恥とはこのこと」といった批判が寄せられています。 では、細井は「門扉の閉鎖は教員3人で行う共同作業であり安全・合理的な方法。

また、野球部の監督も務めていました。

神戸高塚高校校門圧死事件

地裁は、校門の行為自体に対する過失は認めなかったが、安全確認が十分でなかったことに対する過失を認め、、禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決を下した。

5
今でも毎年 石田遼子さんの命日には事件のあった現場で追悼集会が行われており、毎年多くの人が黙祷を捧げ、花を供えに訪れます。 イラク日本人青年殺害事件とは? イラク日本人青年殺害事件とは、旧政権の残存勢力だった「イスラム過激派」により […]• 「また、何かご要望がありましたら、そのときにもう1回来てもらいましたら、録音は聞いてもらえると思います」と発言した。

神戸高塚高校校門圧死事件の犯人・細井敏彦(教師)の現在!裁判と判決・その後も総まとめ

その後警察の現場検証の結果、 細井敏彦は逮捕されました。 女子生徒の容態を質問した生徒に対して「重傷だが生命に別状はない」と説明していた。 裁判長は、「門扉を閉鎖して遅刻指導をすることを決めた際、危険性に十分注意が及ばず、門扉の閉め方や危険防止の作業分担を決めず、担当教師の裁量に任せていた。

7
学校側は事件をおおごとにしたくなかったのでしょうが、生徒が亡くなっているのに通常通りテスト監督を務めた 細井敏彦は人間として、個人として、教諭としてどのように思っていたのでしょうか。