KAZ先生のブログ ~急性骨髄性白血病闘病記~

そのような場面に初めて遭遇した看護師は、これまでの経験など全く役に立たず、大丈夫であるわけがない患者に対し、「大丈夫ですか」と意味のない質問をするばかりで、看護師として何をすべきなのか見いだすことができなかった。

反応は様々でしたが、もう私は長くないと思った人、逆に今は治るから全く心配ないと思っていた人。 でも、看護師として、何かできることがあると思っています。

急性骨髄性白血病で入院しました|オーシャンブリッジ高山のブログ

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 それに加え、腕に湿疹ができ始め日に日に熱を帯び痒く全身に広がっていきました。

3
自宅にいる時はラジオをつけていることが多かったのですが、リスナーさんの投稿やパーソナリティの考えに耳を傾けることは社会に目を向けるきっかけにもなりました。 腕に何だか水泡のようなぶつぶつが出てきたけど輸血のせいかな。

KAZ先生のブログ ~急性骨髄性白血病闘病記~

ブログとの関係が認められない場合• 回を追うごとにダメージが出たり、回復が遅れたりするもんなんだな。 メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• これまで以上にリスクが高く、過酷な治療になりそうです。 事前に近所の内科の先生からは、 高熱が治まらない原因は首の腫れの可能性が高い。

18
大病・骨折などもしたことがなく、これまで唯一の入院は出産のみで、病気やケガとは無縁の生活を送ってきました。 つい先日、一月末に、一年以上かけて交渉してきたがまとまって、役員から退きました。

[ 急性骨髄性白血病と診断までの経緯 ]

医学的内容については必ず医師に確認して下さい。

5
それまでは絶対に死ぬわけにはいきません。 これはどのような種類のがんにも有効で、効きにくいがん種というものはない。

急性骨髄性白血病M0からCAに復職した話

このカテゴリーを始めから読まれる方は カテゴリー別記事一覧は 「詳細を調べるために自費となる検査も行おうと思いますが、どうしますか?」と畳みかけられ、「検査も治療も先生の判断で最適なものでお願いします。

7
私の方は主治医の他に看護師・薬剤師・管理栄養士などバックアップ体制は充実していましたので、入院生活に不安はありませんでした。 我が家は夫を筆頭に娘や私の母、夫の母には直接手助けしてもらいました。

がんを乗り越えて働くー急性骨髄性白血病ママの闘病と復職(1)

口内炎、お尻、どちらも辛かった。 そのため、受け持ち看護師として、改めて患者にGVHDの説明をした。 あれだけしたかったことの一つだったのにガリガリに痩せてしまって体力もなく気持ちいいと感じられずすぐに上がりましたがそれでも心が温まりました。

15
。 洗濯も掃除も料理も、以前は面倒だったことも、楽しくてたまりません。

急性骨髄性白血病M0からCAに復職した話

1.血縁者白血球同型 2.非血縁者白血球同型 3.臍帯血 私の場合、残念ながら1の対象者はありませんでしたので2、いわゆる骨髄バンクから一致するドナーを探してもらう方法(有償)で治療を計画しています。 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• だから先生方は、僕の性格や物事の考え方、また家族のことを本当によく理解してくださった上で、治療方針を検討し、説明してくださっています。 「おそらく慢性GVHDでしょう。

12
先生も「一度は家に帰してあげたいんだけどね…。 若干肺炎の症状が出たことも心配ではありましたが、白血病自体は今のところ順調に改善しているとのことです。