南魚沼市

関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 5月27日、大原運動公園整備検討委員会から市長へ基本構想の答申(・・多目的)• - 本所・支所所在地• 南魚沼市稼動。 - 工場所在地(上田:長崎地区)• 10月2日 - 5日、トキめき新潟国体テニス競技(大原運動公園)• 史上初の出身女流棋士。

7
(7月第4金土日曜日)• 6月15日、補助事業の受付を開始。

南魚沼市

- (3月3日)• - 元新潟県農業試験場長(コシヒカリの名付け親)• - 本社・工場所在地(六日町・城内・五十沢・大和地区)• と、の両JAが同一商品を販売するのは初めて。 - - - 一般国道、県道 [ ] 一般国道• 水尾新田外島工業団地(15,350m 2)• 県立自然公園• なお、公募における名称の応募数は「八海」が最も多く、「南魚沼」は次点であった(以下、「魚野」「雪国」「魚野川」)。 - 本社・工場所在地(塩沢地区)• 中山正 - 家。

3
高速バス(県内線)• 水無渓谷• 6月30日、開きの伝統行事「百八灯」が復活。

南魚沼市

12月27日、愛・天地人博南魚沼が終了(来場者:431,105人)• 南街道新米キャンペーン(10月1日〜11月23日)• 震災復興祈願花火(フェニックス南魚沼)がから打ち上げられている。 塩沢セミナーハウス(に隣接)にからの避難者15名が滞在。

5
(平成24年)- 1月20日、『』が発足。 しおざわまつり(2月第3土曜日)• (平成17年)- 4月1日、南魚沼市企業立地推進事業実施要綱により、企業立地推進員を委嘱。

南魚沼市

- 所属現役。

18
- 六日町支局• - 江戸時代の縮仲買商・質屋・文人、『』『秋山記行』などを記した。

南魚沼市

7月1日、供用開始予定(南魚沼市・施設「愛称:四季味わい館」は、6月24日プレオープン)• - の実父での祖父。 - 著述家。

12
旧三和村(六日町)。

南魚沼市

8月8日 - が新潟県カーボンオフセット制度に登録。 8月5日、「雪国・南魚沼場所」開催(合併5周年記念事業)• 8月26日、平成23年7月新潟・福島豪雨の被害額概算は約128億、農林水産関係で約110億円(水田や用排水路など農地・農業用施設被害は2,443ヶ所で約69億7千万円。

18
から眺めるとの市街地(2020年10月)• 三用工業団地(84,576m 2)• 城主(6万石。

南魚沼市

3月23日、の受付開始。 2月1日、では「南魚沼市豪雪救援センター」を設置。 旧議会の議事堂を(東京都内顧客からの問い合わせ等)として利用し、によって余剰となった旧を活用するケースとして紹介された。

2
- 医師・理事長(第13回賞受賞)• 旧六日町。

南魚沼市

南越新聞 - 週刊。

大祭(7月14日〜16日)• : - - - - - - 浦佐駅 -• - (2019年8月31日アーカイブ分)• 旧塩沢町。 八色の森市民祭り、収穫祭と祭り。