沖縄タイムス社員 新型コロナ持続化給付金を不正受給か

県内の療養者数は26日に2094人となり、過去最多を更新した。 以降、沖縄は国の振興策などによって道路や港など社会基盤の整備が進み、県民の暮らしは豊かになった。 看護師が足りず、重症者は受け入れ可能数の半分しか対応できない」と打ち明ける。

沖縄タイムスによりますと、不正受給をしていたのは、関連会社に出向中の40代の男性社員です。 全国平均の25・79の3・6倍に達した。

沖縄で変異株の陽性率が87%に上昇 コロナの新規感染者数、人口比で全国平均の3.6倍

昨年度に辞めた看護師は77人。

11
社員は同僚や知人ら15人にも申請を勧誘。

沖縄タイムス社員、生活困窮者対象の80万円も不正受給:朝日新聞デジタル

事実関係を調べ、厳正に対処します」とコメントしています。 やじ馬や報道陣ら100人近くが集まり、現場は騒然とした。 「まだ返還前だ」と加害者を連れ去ろうとするMPに、群衆から「あと2時間したら逮捕されるところだ」、罵声が飛んだ。

8
今回の沖縄タイムスの調査では、同じ関連会社に所属する30代の男性社員も持続化給付金の制度でうその申請をしていたことが分かりました。

沖縄タイムス社員、生活困窮者対象の80万円も不正受給:朝日新聞デジタル

院長によると、コロナ以外の重症者は、看護師1人で患者2人を診ることが多い。 離職率は16・3%で、コロナ禍前の12・8%(2019年度)を上回った。

17
コロナ病床の利用率は4割未満で、まだ余裕があるように見える。

沖縄で変異株の陽性率が87%に上昇 コロナの新規感染者数、人口比で全国平均の3.6倍

関連会社・タイムス印刷の30代男性社員は、同じ税理士のもとで虚偽申請し、緊急小口資金20万円を不正に借り受けたという。

2
浦添総合病院も「危険手当」を支給。

沖縄タイムス社員、生活困窮者対象の80万円も不正受給:朝日新聞デジタル

コロナ専門の病院を新設し、明確な役割分担をすれば、看護師の負担が減って、退職も防げるのではないか」. 40人が人工呼吸器の治療を受け、このうち2人はエクモも使った。 別ではは5件のうち5件、は53件のうち52件、本島の中部保健所管内は40件のうち32件の陽性を記録するなど、県内の広範囲でN501Yが広がっていると言える。 社員が悪用したのは、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ちた中小法人や個人事業者が対象となっている国の「持続化給付金」の制度です。

3
週の後半に向けて増えていく可能性がある」と指摘。 県がさらなるコロナ病床確保を求めていることに対し、福本院長は「コロナ病床を増やせば、一般診療を大きく縮小するしかないが、それこそ医療崩壊」と強調。