修正・訂正・是正・添削の違い!変更を依頼するのは?

提出された日報の訂正を求める 自分に間違いがあったとき 自身の発言や文章の間違いを認めてそれを正す場合には、「訂正」が適しています。 かいわ で は つかわ ず 、 ぶんしょう に つかう こと が おおい。

「訂正」の主な使用場面は、「自分に間違いがあったとき」です。

みずほFG:決算短信の訂正

自分が何かミスを起こした場合に「訂正いたします」といったように謝ることによって、自身の失敗を素直に受け入れているという姿勢を表すことができます。 「修正」の意味は「不十分・不適当と思われることを改め直すこと」で、言葉や文章はもちろん、意見や思考の方向を変える時にも使われる言葉です。

3
「修正」とは? ですので、「誤字を変更した」などという表現は正しくないことになります。 同音異義語に「改定」という言葉がありますが、こちらは法律や制度などすでに定まっていた物事を決めなおすときに使われる言葉です。

「訂正」と「修正」の違いとは?分かりやすく解釈

修正: 不十分な部分や方向性を改めること。 決算短信/決算説明資料(概要)/決算説明資料• この契約書は元号を間違えているから訂正が必要だ• お忙しいところ恐縮ですが、資料の修正をお願いいたします。

5
「訂正」が使用されるのは文章や言葉といった形で対象が限定されるのに対し、 「修正」は言葉や行動、動きに考え方や方向性等対象がかなり幅広くなっています。 実は、住所の記載漏れが一箇所あり、後日連絡が入って「そこは加入で付記してね」と指摘されたのです。

【修正】 と 【更正】 と 【矯正】 と 【補正】 と 【訂正】 はどう違いますか?

本来の形にそぐわなかったり、意図した程度に及ばないと見られる部分について、望ましい形に直す行為を言います。

5
なお、朱書きではなく、黒の二重線は「削除」に使用されます。

『資料の内容を正す』のは、「修正」「訂正」どっち?違いと使い分けを解説

訂正の意味は? どっちを選べばいいか迷うかもしれませんが、 好みで選んで問題ありません。

reviseは、改善のために変更することを指すため、書籍や資料、書類などの印刷物の文章を変更する際に使われることが多いです。 この記事では、「修正」と「訂正」のそれぞれの意味を理解し、より適切に使い分けができるように詳しく解説していきます。

「訂正」と「修正」の違いとは?使い分けや類語も解説[例文あり]

訂正してお詫び申し上げます。 是正勧告を受けた 改訂 「改訂 かいてい 」とは、書物の内容や法律、取り決めなどの一部を改めて正すことです。

3
そこで今回は 『修正』『訂正』『是正』『添削』の違いを 調べてみました。 手書きであれば「加入」になるのか? ところで、紙の仕事をしていると、書類の修正等は避けてとおることができません。