「選手に報復キック」で6ヶ月職務停止の主審、まさかの仏年間最優秀審判に選出(フットボールチャンネル)

。 仏紙『レキップ』などが伝えている。

PSGの試合で不可解判定 フットボールチャンネル 仏紙『パリジャン』は3日付で、シャプロン氏が年間最優秀審判に選出されたことを伝えた。 (この事件をめぐる)メディアの過熱報道とは対照的だった」と述べた。

「蹴り飛ばしたいわけでは…」

今年1月、リーグアンのPSG対ナント戦で起きた仰天事件は大きな話題になった。

なんとも苦しい言い訳だ! このニュースを報道したキャスターたちはみな笑いをこらえながらコメントを読み上げていた。 その場合でも判定に怒った選手は、ロボットをボコボコにするのかもしれないが……。

トニー・シャプロンから日本人が学ぶべきことと略奪愛: ゆるゆる恋愛記

シャプロン主審は起き上がりざまにひらりと体を反転させると、右足でジエゴ・カルロスの足元に蹴りを入れたのだ。

19
c AFP. シャプロン氏は半年間の職務停止処分を下され、昨季限りで現役を引退したため、件の試合がキャリアラストゲームとなった。 フランスのトニー・シャプロン主審は、試合中に選手に対して蹴りを食らわせた上でレッドカードを出したとして批判を受けた問題で、無期限の謹慎処分を受けた。

選手に蹴りを入れた審判、半年間の職務停止処分に 仏1部 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

男性の感情として異性の理想とするもの、一番に選ばれたのは 「優しさ」。 そう遠くない未来には、ビデオ判定からさらに一歩進んで、レフェリーがAIロボットにとってかわられるかもしれない。

レフェリーだけでなく、常にチームメイトたちのことも非難していたし、常に対戦相手とトラブルを起こそうとしていた。 毎日とても幸せです たくさんの成功者がいるようですね。

「イブラヒモヴィッチはウザい、クレイジーな奴」あの“報復主審”が酷評!

ちなみに試合後のミックスゾーンでナントのMFバランティン・ロンジエが、現場でのシャプロン主審とのやりとりを明かしたところでは、 「一体とういうことかと尋ねたら彼は、昨年7月より適用になった、『審判を邪魔する行為は罰する』という新ルールにのっとってさばいた、と答えた。

8
フランスサッカー連盟の技術委員会は、当初6ヵ月の活動停止処分としていたが、最終的に期間は半分に縮められ3ヵ月に軽減されている。 今ではインターネット回線の高速になった事によって、同時進行で売り買い値を誰でもどこでもチェックできる事ができちゃいるようです。

トニー・シャプロンから日本人が学ぶべきことと略奪愛: ゆるゆる恋愛記

それで転んで、僕に蹴りを入れてきた。

【了】. 2007年から国際審判の資格も有して、欧州カップ戦やワールドカップ予選などで笛を吹いている。

「イブラヒモヴィッチはウザい、クレイジーな奴」あの“報復主審”が酷評!

ここ数週間レフェリーを務めていなかったトニー・シャプロンに、今後3ヶ月間の活動停止処分が言い渡されている。 素晴らしい選手だとは思うよ。 伝え聞いたところによると、コリーナはVARについて改善の余地はあるとはいえほぼすべてに満足していたという。

18
シャプロン氏はメディアを通して声明を出し、自身の行動について謝罪した。 だが、ピッチ上では別人だ。

選手に報復キック食らわせた主審、謹慎処分受け謝罪。「不適切だった」

自己評価が上手な人は、恋愛のために越えなければならないハードルを下げている事がわかります。 昨年の12月にも、フランス中部のコレーズ県では、週末のアマチュアリーグの試合が審判の抗議行動により中止になった。

4
シャプロン氏は昨季の仏リーグ戦中にジエゴ・カルロスに報復キックを見舞う暴挙 今年1月、仏リーグ・アンのナント対パリ・サンジェルマン(PSG)の一戦で起きた騒動を覚えているだろうか。 苦しい主審の釈明 そしてジエゴ・カルロスへのレッドカードは取り消しとなった。