全20作品。ジューン・アリソンが出演した映画ランキング

渋谷109にもマリリン・モンローの大きな垂れ幕が掲げられていた。 同作の映画版でハリウッド・デビューを果たし、本格的に女優の道を歩むこととなった。 エリア・カザン監督の挨拶は、同監督作品でマーロン・ブランドとエヴァ・マリー・セイントが共演、波止場を取仕切る悪に立ち向かう『波止場ON THE WATERFRONT 1954 』、そしてジェームズ・ディーンの『エデンの東 1955 EAST OF EDEN』の上映日だった。

10
名優ジェームズ・スチュワートが企画・主演した航空映画大作。 彼等の 『コンチネンタル』 1934年) を17~18回も観て、ジンジャー・ロジャースのダンスを独学で習得した。

全20作品。ジューン・アリソンが出演した映画ランキング

ダッチは特殊な訓練の後、巨大爆撃機B36を操縦することになった。 爾来数十年の間、この映画を何度見直したことやら。 女優 生年月日 1917年10月07日 1945年8月19日に13歳年上で2人の子持ちの俳優ディック・パウエルと結婚し周囲を驚かせた。

20
・短編映画 『 Swing for Sale 』 (1937年) で銀幕デビューし、ミュージカル劇 「 Sing Out the News 」 (1938年)でブロードウェイ・デビューした。

ジューン・アリスンの思い出@東京国際映画祭

「ウエスト・サイド物語」(1961)や「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)等のミュージカル映画の製作・監督をしたかと思うと、「」(1958)や「砲艦サンパブロ」(1966)のようなシリアスドラマを監督し、また時に「」(1963)や「」(1977)のようなホラー映画を監督していることは皆さんご存知の通りです。 とにかく見ることが出来て嬉しかった。

11
銃の暴発で右足を切断しながらも、義足でマイナー・リーグに復帰した元メジャー・リーガーのモンティ・ストラットン投手の妻を演じた。

ジューン・アリスン

その昔、明石のブロードウエイこと、追手町映画館街に育った悪ガキが、全映画館顔パスの特権を駆使して、ひたすら過ごした映画館最前列席で、思わず見入った映画のひとつがグレンミラー物語。 (カラー):ロバート・H・プランク、チャールズ・エドガー・シェーンバウム 脚注 [ ]. サイレント伝説の作品、D. PDDVD版 演出:椿淳、翻訳:渡邊智子、制作:株式会社マックスター アカデミー賞受賞・ノミネーション [ ]• ジューンはすぐグレン・マクスウェルと再婚するが1年と持たず、1976年には歯科医から俳優に転じたデビッド・アシュロウと再々婚した。

オリジナル・ストーリーは「不時着結婚」のロバート・カースン。 この年は、ハリウッド生誕100周年で、"ハリウッド100年回顧上映"という特別企画があった。

ジューン・アリスンの思い出@東京国際映画祭

『若草物語』 以後は、良妻賢母役で活躍した。 その後、明石高校音楽部に進んだ際、有永先生に「そこのボーン、首がいがんでる」と叱られるまで、そのスタイルは変らなかった。

9
クラシックファンである私にとっては、垂涎の企画で、史上稀に見る名作古典の日替りオンパレードだった。

ジューン・アリスン(June Allyson)

・1982年、自伝 「 June Allyson By June Allyson 」 を出版。

5
夫婦で舞台劇 「 My Daughter, Your Son 」 の全米ツアーを行い好評を博した。

若草物語(1994) の レビュー・評価・クチコミ・感想

というのも、そのようなテーマは、あまりにもオーディエンスの日常生活に接近し過ぎる為、気晴らしであるはずのスクリーンを眺めながら普段の生活を思い起こすなどもっての他ということで、通常は避けられがちになるからではないでしょうか。 東京12ch版 演出:菊地弘、翻訳:森川一郎、制作:/有村放送プロモーション• ・夢は医者になることで、芸能活動は学費を稼ぐためだったが、が振付をしたブロードウェイ・ミュージカル 「 Best Foot Forward 」 1941年) がMGM社で映画されることになり、彼女も請われて同社と契約。 脚本:ヴィクター・ヒアマン、サラ・Y・メイソン、アンドリュー・ソルト• これはファンとして見ていて、良かったなあと思ったものであり、一方で自分も花束を持ってくるのだったと後悔もしたものだった。

1
・1985年、『グレン・ミラー物語』 のステレオ・サウンド版がカンヌ国際映画祭で上映されることになり、ジェームズ・ステュアートと共に映画祭に招かれた。

ジューン・アリスン(June Allyson)

普通であれば全く行くことが出来ない状況ではあったが、私はエリア・カザン監督の舞台挨拶は涙をのむとしても、ジューン・アリスン、グレゴリー・ペックの舞台挨拶は外せないと思い、早々に舞台挨拶がある回のチケットを確保したのであった。 これはとても残念だったのだが、グレゴリー・ペック目当てで花束を持ってきていたファンまでもが、ジューン・アリスンへ花束を渡しに舞台に駆け寄ることとなり、とにかくジューン・アリスンはたくさんの花束を受け取った。

1949年、マーガレット・オブライエン、エリザベス・テイラーと共演したメトロ・ゴールドウィン・メイヤー社創立25周年記念作品『若草物語』で主演を務めた。 彼は新しく創設されたSAC 戦略空軍部隊 という部門に配属され、新婚の妻サリー J・アリソン とともに新居からテキサスの兵舎に移った。