一心寺に納骨ができない!?納骨方法と供養について|ご遺骨サポートこころ

唯一この点だけが、一心寺の評判が悪くなった部分です。

12
一心寺への納骨が安い理由としては、 骨仏(こつぼとけ)という方法が用いられているからです(一心寺では「お骨佛」と呼ばれます)。 しかし、は200万円近いですし、墓へ納骨するにもお金が必要で、開眼法要(お墓に魂を入れるための儀式)や寺院へのお布施など、諸々の料金を全て合わせると10~20万円程度かかります。

令和3年からお墓じまいのご遺骨は一心寺様へお納めできません

単なる質問でも構いません。

ただしここ数年利用者が急増したことから、2021年1月1日より、 改葬や墓じまいでの遺骨は受け入れをしていません。

一心寺 納骨「受入れ制限」のお知らせ

大阪で有名な「一心寺」は1万円~利用ができますが、近年は安さのあまり人気が殺到しており、申込が困難になっています。

15
このように自由な雰囲気のお寺なので、納骨を考えたい人は、一度見学に行って評判を確かめてみるのが良いと思います。 しかし戦前に作られた6体が焼失してしまったため、現在は8体の仏様がお祀りされています。

一心寺 納骨「受入れ制限」のお知らせ

。 新仏様も小型のお骨壺のみご納骨が可能ですが、全骨や胴骨のご遺骨はお受けされません。 受付はいつもと違って、一心寺東外側にある三千佛堂です。

16
その始まりは、明治20年に遡ります。

一心寺 納骨とお骨佛

一心寺にはかつては専用駐車場がありましたが、現在では無くなったようで、 車で行く際には周辺の有料駐車場を利用する必要があります。

15
お問い合わせ・お見積もりは無料です。 納骨の受付は9時~16時となっています。

令和3年からお墓じまいのご遺骨は一心寺様へお納めできません

もしくは、少量をお手元に残し、残りを散骨するという方もいらっしゃいますので、この二つの方法を組み合わせることも可能です。 一つにはその冥加料にあります。

11
) 一般納骨所(青葉殿2階) 小さいお骨箱(5年間10万円) 一般納骨所にご納骨いただけます。

宅配便を送り返す「送骨」も頻発

タイプごとの費用は以下の通りです。

5
以上、永代供養がついたお墓の費用相場と、個別安置期間の有無による費用の違いを解説しました。 こちらのプランには、献花や献水、散骨証明証等も含まれておりますので、大変お得な料金となっています。