☆三令五申☆

おむつフェチの真性マゾとか……」 「あ、あぁっ……いっ、いじわるっ、言わないでよ……あ、あううっ!」 言葉よりも吐息の回数が増えていく。 幼稚性に堕ちて初めて知った官能の喜悦は、鈴花を大人にも子どもにもなれない、歪な存在に換えた。 歳にしては小柄な少女が辛うじて着られたパジャマには、対象年齢の幼児にはない胸の膨らみが異様な主張を見せている。

6
スパンキング、体罰等が苦手な方や、嫌悪感を感じる方は閲覧ご注意下さい。

オムツ ノクターン・ムーンライト 作者検索

小さく漏れる放屁。

3
それを丸めてゴミ箱に捨て、新しいオムツを履くと、下腹部にぐっと力を込める。 朝食を終えて会社に行く用意をしていると、今度は便意が催してくる。

オムツ ノクターン・ムーンライト 作者検索

「あー……」 ふう。 なんで教えてくれないの……? 「250cc以上の場合は夜はいつも通りパンツを履いて寝てください。 せっかくのデートだ、俺まで漏らしたくない。

20
恥ずかしいね、うんこベチョベチョにつけて、床に落として」 そう言いながら尻を揉み、そのままおむつを剥がす。 「うぅっんっ…ふぅ、ぁ…」 俺が漏らしている様を見て興奮したのであろう叔父は、俺の顔の目の前に自身のモノを曝け出し、手でしごいて射精した。

短編小説

自分が何ものであったかを思い出させるような言葉は、鈴花にとっては避けがたく残る羞恥があることを、何度も何度も、刻みつけていた。

13
おちんちんがむずむずするよ。

落第幼稚園児:鈴花

お仕置きはお尻ペンペンがいいでしょう。 鈴花は言葉も無くし、唇を噛んで、辱めが過ぎるのを堪えるしかなかった。

6
スパンキング お尻叩き・お仕置き 系統の小説まとめです。 二人とも、昼夜を問わずおむつを常用しています。

落第幼稚園児:鈴花

時折、彼の家に遊びに行った時や、彼が僕の家に遊びに来た時など、オムツを履かずにおもらしをすることもある。

18
よろしくお願い致します。

オムツ ノクターン・ムーンライト 作者検索

こうして社会人になって家を出たとたん、その趣味はアクセル全開に僕を支配した。 R18に相当するかもしれない作品に関しては、これからここへ投稿することにしました。

2
あ!」 顔を現したことにより恥ずかしさで下半身を動かしてしまい、ベチョッと床に落ちた。 満員電車の中、すし詰めになっているので、彼の手が僕の股間に触れていたところで誰も見ていないだろうし、見えていても、たまたまだと思うだろう。

俺得短編集

」 「んー、んう」 ぼくおしっこしちゃったの。 新学 期には、小学校六年生になる女の子でした。

15
「ご、ごめん……。