副島隆彦 新刊情報 (302作品)

一触即発の状態だ。 それでも両軍睨み合いの、腹の探り合いの、 凄まじいアメリカ軍どうしの軍事衝突になるから、 「先に手を出したほうが負け」である。 ゑボク?ファイナンシャル・プランナーであるし、足掛け25年東京海上やセコムの保険代理店もやってました。

15
学問道場に集まる者たちは、 それぞれの人間集団の中で、 この国で栄誉ある地位に立つだろう。 「立証責任あるところ敗訴あり」ローマ法諺。

副島隆彦 新刊情報 (302作品)

副島は昨年だったか、日本の国家政策にとって最大の弊害は統一教会だという主張を行いました。

そして、あたらしい世界体制(中国、ロシア、インド、中東)に移り、金ドル体制(ブレトンウッズ体制)が正式に終わる p108) ・金利がゼロということは、資本主義の終わりということ、金利なるものが無いと経済の原動力である成長が止まった、ということ。

『もうすぐ世界恐慌 そしてハイパー(超)インフレが襲い来る』(副島隆彦)の感想(4レビュー)

生来の小悪人ども (いつも自分は勝ち組。 そのためにアメリカ国民が、 ヨーロッパの憎むべき、 国王たちと、大貴族たちと戦って、 再度の共和国(リパブリック)作りをする。 それまで、しばらくお待ちください。

1
副島氏は、スイス、イギリスが金を隠し持っている根拠として、自国の通貨の使用を貫き通していることを挙げている。

「副島隆彦、生保に怒り狂うの巻き」元祖SHINSHINさんのブログ(2019/05/12)

支持者は、マスコミなどタブ系 のが寄りであると知っているので調査に答えない。

この人たちまでを、 私、副島隆彦は、 自分のお客として大事にする。 トランプが、勝ち続けることは、自分たちの勢力の自滅だからだ。

副島隆彦「統一教会が日本を戦争に引きずり込む」 チベットよわー

そうなるとアメリカは、 第2次の南北戦争となる。 い~やSHINちゃん。

6
こいつらと戦って、 もしトランプ派の軍隊が軍事衝突の果てに 劣勢となって、 首都ワシントンから トランプ大統領と共に移動するとしても、 テキサス州に新しいアメリカ共和国の首都を置いて、 ニューヨークのディープステイトの政府と戦い続ける。 民衆は、今、 ワシントンの中心部に入ってはならない、 となっている。

「副島隆彦、生保に怒り狂うの巻き」元祖SHINSHINさんのブログ(2019/05/12)

預金封鎖、恐慌前夜、銀行消滅、をはじめとする、エコノ・グローバリスト、シリーズで金融・経済予測を的中させ続けてている。

12
その点、県民共済は、すぐに文句なしに払ってくれる。 コシミズの毎度お決まりのその場シノギの言い訳の匂いがプンプンしますねー。

副島隆彦「統一教会が日本を戦争に引きずり込む」 チベットよわー

いいだろう、待ってなさい。 20日配信で私の話の内容が聞けます。

まさに岩のような女で、 怪獣クラーケンを呼び寄せた、 シドニー・パウエル弁護士(元連邦検察官)も 軍事法廷検察官として着任している。 彼らは、前述したチンコロ右翼(ネトウヨという軽度の精神障害者たちを含む)を隠(かく)れ蓑(みの)にして、その中で動いている。

金とドルは光芒(こうぼう)を放ち決戦の場へ!副島隆彦

い~や生命保険の場合、契約者本人の意思確認が鉄則です。 もしスイス・フランを廃止してユーロ圏に加盟すると、経済規模に合わせて、保有金を調整しなければならなくなる。

17
すでに秘密の軍事法廷(軍法会議、 tribunal)は、 開かれている。 急いで対応します。

副島隆彦氏の最新の文章

小沢はナルシストかも知れない。 日本時間では18日(明日の夜中)だ。

5
トランプは、私は、11月9日(月)から仕事をする、と宣言しておいてから、バイデン・ヒラリー派の マーク・エスパー国防長官の首をすぱっと刎(は)ねて、即座にミラーを次に任命した。 しかし、それでも本当の民衆、大衆は、 「トランプさんでないと世界が危ないんだよ」と、 分かっている。