内閣人事局|国家公務員制度|給与・退職手当

事務職・技術職:行政職俸給表(一)• なので 定年までの10年〜15年、800万円〜900万円程度の年収で過ごすことになります。 仕事の魅力や大卒と高卒のどろどろした確執等も記事にしていきます。 税務署職員:税務職俸給表• 級を役職に置き換えてみると下記のようになります。

7
給与は基本給だけでなくだいたい諸手当がつきますよね。

内閣人事局|国家公務員制度|給与・退職手当

ありがとうございます. 俸給表の号は、同じ級の中で経歴や職務の成果によって、給料の額を細分化したものです。 誰でも見ることのできる国家公務員の「俸給」が載っている表を「俸給表」と言います。

1
ざっとみてみると 総合職(院卒) 2級11号俸 総合職(大卒) 2級1号俸 一般職(大卒) 1級25号俸 一般職(高卒) 1級5号俸 専門職(大卒一群) 1級26号俸 専門職(大卒二群) 1級25号俸 専門職(高卒) 1級5号俸 そのほか(高卒) 1級1号俸 こちらもそれぞれの俸給表に従い変わってきます。 その他に、勤勉手当・期末手当(ボーナス)や、航空管制手当、夜間特殊勤務手当、夜勤手当、休日給などが支給されます。

財務専門官の年収モデル~年齢・役職別一覧

専門行政職俸給表 専門行政職俸給表では、植物や動物の検疫を行う防疫官や特許庁の審査官、航空交通管制を行う航空管制官など高度で専門的な知識、または技能を必要とする業務につく国家公務員が該当します。

平均的に出世している人では、40代後半で統括官になります。

空を守る国家公務員「航空管制官」の給料・平均年収・福利厚生

専門行政職俸給表(一)の平均給与 航空管制官が該当する専門行政職俸給表(-)の職員は、平均年齢 42. 特許庁の審査長又は審判長の職務• 私は35歳から48歳までの13年間、昇給が. 財源が潤っている地方自治体と、そうでない地方自治体では、同じ条件でも給与は違ってきます。

4
国立高校教師:教育職俸給表(二)• 0 歳で、平均給与月額442,036円です。

公務員の基本給(俸給)の決まり方と俸給表の読み方を解説|すすむ予備校〜1位合格入庁&元人事課職員が教える公務員の実情〜

国立大学教授:教育職俸給表(一)• 一方「号」は難しいことは一切関係なく、年数であがっていきます。 財務専門官は、能力と努力により1. 国家公務員法と地方公務員法で基本給の呼び名を定めているからです。 国土交通省航空局の設計審査官及び飛行検査官その他の指令で指定する職員• 国家公務員の給与のことを「俸給」と言います。

2
つまり、2年目には1級29号俸の給料をもらえるようになります。 公務員の基本給(俸給)は「俸給表」できまる。

人事院規則九―二(俸給表の適用範囲)

公務員の昇給 公務員は業績によって概ね0号〜8号昇給しますが、実際はほとんどの人は 1年間で4号俸昇給します。

11
全部で11種類あります。