(一財)土木研究センター・設立の趣旨

材料資源研究グループ 新材料チーム リサイクルチーム 基礎材料チーム• 前各号の業務に附帯する業務を行うこと。 業務内容は、下記の2つです。

記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。 技術開発に当たっては、安全性の確保や環境負荷の低減など全国一律で適用すべき要求水準の提示に加え、地域特性に応じた安全対策や環境保全対策、 個別技術のエネルギー効率向上と地域単位でのエネルギー効率向上手法も整備し、我が国の多様な地域環境や将来の地域社会の変化にも対応しうる技術を実現させます。

土木研究所とは

理事2名(うち1人、寒地土木研究所長兼務)• 河川生態チームでは、河川・湖沼の生物・生態系および環境の保全や修復に関して、地形・物理環境・物質動態と生態系の関係の解明、生態系への影響評価手法、対策などの研究を行っています。

1
地質・地盤研究グループは、地質チーム、土質・振動チーム、施工技術チームで構成されています。 これを達成するための五つの研究部門を有する。

国立研究開発法人 土木研究所

このような分野の研究を実施するため先端材料資源研究センター(Innovative Materials and Resources Research Center iMaRRC )が設置されました。 この使命を果たすため、以下の3本柱の活動を行っています。

11
各チームでは、上席研究員等以外に総括主任研究員、主任研究員、研究員の他、民間企業から技術研究のために出向した交流研究員、特定分野研究を主とする専門研究員がある。 組織紹介• (大正10年)5月 内務省土木局道路材料試験所として設置• このことを踏まえ、第4期中長期計画においては、将来も見据えつつ社会的要請の高い課題に重点的・集中的に対応するため、17の研究開発プログラムを実施することとしています。

研究所について(概要 / 組織紹介)

) 技 術 名 称 技術登録情報等 担 当 重点普及技術 特許第号 寒地構造チーム NETIS 寒地地盤チーム 特許第号 寒地地盤チーム 寒地地盤チーム 特許第号 寒地地盤チーム 寒地地盤チーム 平成 寒地地盤チーム 寒地地盤チーム 防災地質チーム 耐寒材料チーム 耐寒材料チーム 耐寒材料チーム 寒地道路保全チーム 寒地河川チーム 寒地河川チーム 寒地河川チーム 特許第号 寒地交通チーム 特許第号 寒地交通チーム 特許第号 寒地交通チーム 特許第号 寒地交通チーム 特許第号 雪氷チーム 平成 雪氷チーム 雪氷チーム 特許第号 水利基盤チーム 地域景観チーム 地域景観チーム 地域景観チーム 地域景観チーム 寒地機械技術チーム 寒地機械技術チーム 寒地機械技術チーム 準重点普及技術 特許第号 寒地地盤チーム 寒地河川チーム 寒地河川チーム 特許第号 寒地河川チーム 寒地河川チーム 寒地河川チーム 水環境保全チーム 水環境保全チーム 寒冷沿岸域チーム 寒地交通チーム 寒地交通チーム 特許第号 雪氷チーム プログラム著作物:P8806-1 資源保全チーム 水利基盤チーム 水利基盤チーム 寒地機械技術チーム 寒地機械技術チーム 寒地機械技術チーム. 地質チームでは基礎地盤の性状把握とその調査法・試験法等の開発について、土質・振動チームでは 土工構造物の耐震設計を含めた設計法および補強方法の開発について、施工技術チームでは土工構造物の施工・維持管理技術の開発について研究を進めています。 水環境研究グループ 水環境研究グループでは、人の活動に伴い様々なインパクトを受ける河川や湖沼を対象に、生態系のメカニズムやその人為的影響・水質汚濁等の機構の解明、治水と環境を両立した河川管理手法、 汚濁物質のモニタリング、対策手法などに関する研究を行っています。

14
1)プロジェクト研究や各研究課題に関する公開の成果発表会の開催および技術者および国民に対する情報の発信 2)特許等知的財産権の取得・管理および普及活動の取り組み活用の促進 3)研究政課報告書・プロジェクト研究・重点研究報告書の作成および公開 4)データベースによる研究成果概要に関する情報の提供 5)データベースによる発表論文に関する情報の提供 6)重点・準重点普及およびその他の普及技術の紹介 7)プログラム・要領等の提供 8)知的財産権の実施許諾などによる利用、実用化に向けた研究および開発 9)特許権・意匠権・商標権に関する情報の提供 10)観活用特許等の実施者募集制度の実施 11)研究コンソーシアムの設立 新卒採用から社会人採用まであり、新卒採用は毎年採用試験があり、経験者採用や任期付職員の採用など、その他の職種は、不定期で募集があります。 国立研究開発法人土木研究所は、その設置法である国立研究開発法人土木研究所法により、その目的及び業務の範囲が次のように定められています。

(一財)土木研究センター・設立の趣旨

組織運営体制• [編集部 2017年11月17日]. 5 先端材料資源研究センター(本部と同じ)。 北海道札幌市豊平区1条3-1-34(寒地土木研究所)• 海岸侵食対策(保全対策)検討、海岸観測施設整備検討、海岸整備計画検討、海岸整備効果検討、波浪等による堤防被災メカニズム実験• (昭和63年)4月 北海道開発局開発土木研究所と改称する• (大正11年)9月 内務省土木試験所となる• この場合の「」は主として、・(つくば中央研究所が担当)、寒冷地(寒地土木研究所が担当)に関する調査・研究・技術開発を指している。

研究部門における役職等は、グループ長・本部長等(部長職)を筆頭に、チーム長(室長職)に相当する上席研究員(一部は主席研究員など名称が異なるがおよそ同等と思われる)がある。

各チームの研究内容|国立研究開発法人 土木研究所

また、橋梁に関する課題のうち、土を含む材料の性質に関するもの、寒地特有の事象が主であるもの等については、 つくば中央研究所、寒地土木研究所からの併任職員と一体となった研究の実施や、道路管理者、大学、民間から技術者や研究者を受け入れ、ともに技術力の向上を目指しながら、関連分野との連携を図り、課題の解決を目指しています。 新規採用職員以外は、年度によって募集している職種等は異なります。

4
(昭和26年)7月 北海道開発局の付属機関となる(北海道開発局土木試験所)• 水工研究グループ 水工構造物チーム 水理チーム• 先端的材料の実用化、土木材料の耐久性向上、廃棄物の有効利用、エネルギー使用の効率化など、土木構造物の効果的な維持更新と低炭素循環型社会の構築にかかわる調査・研究を行う。 技術の審査証明の実施等• 4 構造物メンテナンス研究センター(本部と同じ)。

各チームの研究内容|国立研究開発法人 土木研究所

技術推進本部 土木研究所は、土木技術のイノベーションを先導していくような質の高い研究開発を行うとともに、そこで生み出した成果を「使われる技術」として育て、 広く社会に普及させるところまで責任を負っています。

2021年度の募集は、総合職が10名程度、一般職が若干名でした。

国立研究開発法人 土木研究所

一方、北海道開発土木研究所は、1937年(昭和12)内務省北海道庁土木部管理課土木部試験室に始まり、1947年(昭和22)に北海道土木試験所、1988年に開発土木研究所と改称、2001年4月に独立行政法人北海道開発土木研究所となった。 受 託 業 務• )に関する調査、試験、研究及び開発並びに指導及び成果の普及などを行うことにより、土木技術の向上を図り、もって良質な社会資本の効率的な整備及び北海道の開発の推進に資することを目的とする。

6
また、• 安全・安心な社会の実現• ICHARM の使命は、「国際から、国家、地域レベルで水関連災害・リスクマネジメントに携わる政府とあらゆる関係者を支援するために、自然・社会現象の観測・分析、手法・手段の開発、能力育成、知的ネットワーク、 教訓・情報の発信等を通じて、水関連災害・リスクマネジメントにおける世界的な拠点としての役割を果たすこと」です。