産業廃棄物の不適正事例|東京都環境局

法第25条第1項第14号 両罰規定 3億円以下の罰金 法第32条第1号 措置命令違反 産業廃棄物処分業者が、許可容量を超えて産業廃棄物を最終処分場 埋立て に受け入れて山積みにした。 (ご注意) この2品目につきましては、平成20年4月1日以降、箕面市環境クリーンセンターに搬入することはできませんので、産業廃棄物収集運搬処理業の許可を受けた業者に引き渡してください。 代表的なものでは、石炭がらや焼却炉の残灰などの「燃えがら」、鉱物性油や動植物性油などの「廃油」、鉄鋼または非鉄金属の破片や研磨くずなどの「金属くず」などが挙げられます。

8
アイコンをクリックすると、ダウンロードページから別ウインドウで表示されます。 環廃産発第13032910 平成25年3月29日 このケースの場合は、下取り費用という名目で、業者にお金を支払っており、この費用は、廃棄物の収集運搬費用と見なされます。

産業廃棄物の取扱いについて「排出事業者の処理責任」

建設業(工作物の新築・改築・除去に伴って生じたもの)• 又はこれを併科。

13
産業廃棄物の処理にかかる料金(kgあたりの単価)は? 産業廃棄物の処理には、具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

産業廃棄物処理業の実績報告の概要|東京都環境局

積み上げた産業廃棄物が決められた高さを超えないようにする。

保管基準 産業廃棄物の排出事業者が、収集・運搬や処理までの間、廃棄物を一時的に保管する場合に義務付けられている基準で、代表的なものに以下のようなものがあります。

産業廃棄物の処理を委託する業者の方へ

(さいたま市、川越市、越谷市、川口市域については、各市にお問合せください。 (主な産業廃棄物処理基準)• したがって、書類で確認するだけではなく、実際に施設等を目で見て確認することが必要です。 一般廃棄物では「燃えるごみ」「燃えないごみ」「粗大ごみ」「資源ごみ」等に分けることが通常行われていますが、 産業廃棄物の場合は、 「紙くず」「廃プラスチック類」「金属くず」等、廃棄物の種類ごとに分別します。

18
運搬業者への処分委託違反 法第12条第5項 罰則 5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金。 では、安心できる処理業者を選ぶためにどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。

産業廃棄物の不適正事例|東京都環境局

【問合先】 大阪府 環境農林水産部 循環型社会推進室 産業廃棄物指導課 処理業指導グループ 電話番号 06-6941-0351 内線(3828) このページの作成所属. (必要事項が記載された伝票等でも可。 輸入木材卸売業• イベント開催時に発生 したゴミを臨時回収 ディスプレイ品や生ごみ、賞味期限が切れた飲食物など、イベント開催に伴って排出された臨時ゴミの処理にも対応してくれます。 法第25条第1項第6号• 不法投棄など不適切処理をするような悪徳業者に処分を依頼すると、依頼者側にも責任が問われるので慎重に業者を選びましょう。

19
産業廃棄物の処理は処理業者に引き渡したから終わりではありません。 産業廃棄物処理業者名簿 業の区分 データ 産業廃棄物収集運搬業 積替保管を含まない 産業廃棄物収集運搬業 積替保管を含む 産業廃棄物処分業 特別管理産業廃棄物収集運搬業 積替保管を含まない 特別管理産業廃棄物収集運搬業 積替保管を含む 特別管理産業廃棄物処分業. 具体的な内容について詳しく説明します。

産業廃棄物とは

結果的に事業者側の責任となるだけでなく、余計な費用・負担がかかってしまうことになりかねません。 処理を委託する際は、委託費用だけでなく、マニフェストや委託契約書をしっかりと確認し、委託先での処理状況を実地に確認するなど、不適正な処理が行われないよう努めてください。 ケミカルリサイクル:化学反応を利用して再利用する• 廃棄物とは 廃棄物には、産業廃棄物と一般廃棄物があります。

産業廃棄物の 処理事例• (3)他の廃棄物との混合により生ずる支障• 一般廃棄物 一般廃棄物とは、上記で解説した産業廃棄物以外の廃棄物のことです。 産業廃棄物の種類• 収集運搬基準 産業廃棄物の排出事業者が、自ら産業廃棄物の収集・運搬を行う場合に義務付けられている基準で、代表的なものに以下のようなものがあります。

産業廃棄物の収集・処理を安心して任せられる優良業者の選び方

)による産業廃棄物及び特別管理産業廃棄物の収集、運搬及び処分の実態を把握するために必要な事項を定めるものとする。 新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を行うものに限る)• 積替保管の許可は収集運搬業許可の範ちゅうですが、処分場と同等の要件が必要で難易度が高く、許可自体を出さない都道府県もあります。 品目名については、許可証上の表記を短縮して表記しているものがあります。

18
前述したように広域移動に よる処理が前提となるため、都道府県をまたいで業を営もうとする場合は、荷積み 地と荷卸し地双方の都道府県の(産業廃棄物収集・運搬業)許可が必要となります。 他人の廃棄物を受託し、収集運搬や処分(焼却、破砕、埋立など)を業として行う場合は、あらかじめ県知事の許可を受けなければなりません。

大阪府/産業廃棄物処理業者名簿(令和2年9月30日現在)

A10 複数の工事現場について、一括の委託契約を結ぶ場合は、一括の委託契約前に条例第7条第1項の確認を行うとともに、同第2項の定期的な確認(契約期間1年以上の場合)を1年に1回以上行っていただくこととなりますが、工事現場毎に確認を行う必要はありません。 リサイクルへの 取り組み 要興業は廃棄物処理についての知識を広めるために、東京都23区内の小学校で廃棄物教育を行っています。 また、許可業者に委託しても処理完了まで排出事業者は責任を問われます。

9
排出事業者から交付された産業廃棄物管理票 マニフェスト は、自ら処理したように虚偽の記載をして事業者に送付した。

産業廃棄物の処理を委託する業者の方へ

3 帳簿の備え付けと保存 産業廃棄物処理業者は産業廃棄物の処理に関する帳簿を事業場ごとに備えて、決められた事項を、決められた期限内に記載しなければなりません。

11
焼却処理に関して燃焼室温度保持のための助燃装置を設置する。 法第25条第1項第6号 他事業者Aの違反• 委託先の状況が後で確認できるものであれば構いません。