At the Night Light:RL8928#1で作る超軽量アジングロッド

商品名• しっかり挟みこむとこんな感じになります。 ということで上の写真のようにまずホッチキスの短辺の半分くらいを外側にラジオペンチで曲げておきます。 ご自分の狙う魚や竿の長さに応じてガイドを選びますが、ガイドの取り付け例が富士工業のに載っているので、そちらを参考にしながらガイドを選びます。

フードの内径より少し細いパイプを2本用意します。 今回は作りながら写真を撮ったのでその作り方を紹介してみます。

軽さ追求!! アジングロッド作成しました!|タックルオフ 西春店|釣具のイシグロ

パイプとフードをエポキシで接着する際にもう一度シュリンクします。 どうせならカーボン樹脂で作りたいと思って丸棒までは私も作ってるんですよ。 何とか北関東アジのファーストランには間に合いそうです。

16
ロングロッド• ロッドを真下にして抜くため、引き上げた時にロッドが曲がるので曲がらないロッドほど抜きやすいのは明らか。 「月下美人 AJING」シリーズではアジングに特化したミディアムロッドが勢揃い。

アジングロッドは自作できる!失敗しない自作の準備と方法を解説!

22909円 税込• これはあくまで僕の考えですよ(笑)。 短いロッドの方が竿を振り回しやすく、魚の引きにラインの角度を俊敏に変えることができたのです。

8
撃沈の車の中でもっと曲がらないロッドにすれば良いのではないか。

【2021年最新版】アジングロッドの人気おすすめランキング19選【初心者向けも】|セレクト

女性にも子どもにも使いやすいソルパラシリーズ• ルアーを使ってアジを釣り上げる「アジング」。 アジング専門といっても過言ではない34では、使い方や狙うポイントに応じて細分化されたアジングロッドを取り揃えています。 リングをハメるとこんな感じ いい感じに収まりました。

3
ミディアムロッド• 糸鳴りが無い場合はアタリがある、といった状況がよくありました。 でも、釣り場で周りのアングラーの方や皆さんのブログを拝見していると、 複数タックル持っていかれている方が多いようで、いつしか自分もそうしたいと想いはじめ、 半年前から2タックル持って行くように。

原価20円! 簡単自作ガイドスルー|今日のアジはどんな味~たのしいアジングと激うまレシピ~|note

残ったものもさらに再冷凍しました。

がまかつさんの自動ハリス止め これをホッチキスの針の残った反対側で再現すれば良いわけです。 なのでこんな日は工作です。

アジングロッド製作~リールシート編~│アジングin秋田

小さな計量カップ• かくいうボクも御大お二人の影響は多分に受けています。

3
先に行くほどガイドの間隔を狭くする• これは形状・機能共に自動ハリス止めと同じものになってます。 REALMETHOD AJING-GRII 610S• こんなんでもライターの端くれですから、調べるのは超得意! 「 アジングロッド 自作」や「 アジング ロッドビルディング」などなどでひたすら検索。

自作アジングロッド2本(チタンとソリッド)が完成

必ず1日1回、大きなグレが喰ってくるポイントがありましたが、磯がオーバーハングしており、喰うのが足元と決まっていて掛かった瞬間にオーバーハングに突っ込まれていつもバラしていました。 87cm• しかし、参加者していただいた方からの 喜びの感想を見て、 リスクがあったとしても 思い切って公開して よかったと 思ってます。

2
長さが長くても曲がれば抜きにくいロッドになります。 ロッドドライヤー 先ほど巻いたスレッドに2液のエポキシコーティング剤を塗って完全に固定します。

アジングに魅せられて・・・:自作~ロッドホルダー編~

ボクは、新たな画期的デザインを生み出すセンスはありません。 1g前後のジグヘッドリグにも対応• やっぱボクはEVAよかコルクの方が好きかなぁ? コルクに変更しようかな。 ガイドの取り付け ガイド位置が決まったらスレッドと呼ばれる糸でガイドを固定していきます。

3
巻くガイドの大きさや竿の太さで使い分ける必要がありますが、アジングロッドのような極小ガイドを使わない限り太いスレッドで問題ありません。 足場が高い時に有利と言われるのは、風に対する対処と抜き上げ時のことを言っておられると思います。

アジングロッド製作~リールシート編~│アジングin秋田

(歓喜) さてさてお次はお待ち兼ね(?)のカーボンブレードホース兄貴の登場。 ブランクはマタギの76だったかな?にトルザイトリングを搭載したもの。 太さは大まかに2種類あり、細いタイプと太いタイプ。

16
(この作業が一番大変) 最後の塗装で多少の粗は誤魔化せるのであまり根を詰めすぎないように。 器用・不器用ではなく、「センス」が全てです。