『この本を盗む者は』深緑野分/著▷「2021年本屋大賞」ノミネート作を担当編集者が全力PR

屋敷を宛がわれた家臣は、その屋敷を自らの手で維持・管理することは当然のことである。 また、ここ五軒屋敷 柳曲輪 には、いずれも歴代藩主の譜代の重臣が入れ替わり住んだが、注意すべきは、ここ 五軒屋敷に役宅を拝領した者がすべて時の家老職であったわけではない。

15
敷地は約300坪から600 坪ほどである。 文政13年(1830)の屋敷替えにより現在の家に移ったとの記録があり、建物の建築年はそれ以前の藩政期末期頃と推定されます。

城下町百話【武家地】上

「本物の大福」と「うまいだんご」 志ら井さんの真骨頂が「大福」と「おだんご」。 いうまでもないが、藩主江戸在府の留守年には家老や寄合衆がその代参を怠らなかった のである。

2
お二人もいつも笑顔で声をかけてくれて行くたびに気持ちのいい買い物ができる場所。

越後小出嶋万行寺門徒/伊倉次右衛門 諸志上納帳(志納塲・志納所) / 名雲書店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

人気商品は夕方にはほぼ売り切れなんてこともしょっちゅう。 両方とも味付けは最小限。 ちょっとでも迷っていると、ここぞとばかりにおススメをしてくれいつも買いすぎた!なんて一瞬後悔することも。

5
郡山城下における武家地は52丁で、その屋敷総数は1,141軒である(以上筆者調べによる概数)。 そして後ろに厨房があるため、店頭で悩んでいるとどんどん新しい和菓子が登場しては目の前で売られていきます。

越後小出嶋万行寺門徒/伊倉次右衛門 諸志上納帳(志納塲・志納所) / 名雲書店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

また、中老の職から累進して時の家老職・年寄などを勤めることになったときは、就任と同時にその役相応の屋敷替えがおこ なわれたのである。 なお、この地区は現在、南郡山・朝日町の一部となっている。

白い髪に犬の耳をはやした少女・真白(ましろ)とともに。 江戸時代末期に は、37軒の侍屋敷があったところである。

とやマルシェ

このねじれた世界を元に戻すためには本を盗んだ犯人をつかまえなくてはならない。

6
控え無しのSAL便や船便を御指定の際は、配達事故などで未到着になった場合保障はしかねますので御了承願います。 また、鞍背坂の名称は、その原史料を「郡山町旧記」(天理図書館蔵)によっているが、同史料の成立が文久・元治(1861- 1865)であり、かつ、その語意からも幕末期の呼称を記されたものである。

【蒲田】江戸時代から170年続く和菓子屋さん「志ら井」

この本を読む者は、本の呪いにかけられる 中世のヨーロッパで写本がとんでもなく高価だった頃、書物には呪いがかけられていたという。 このとき衛守は年寄並 であった。

10
概要 [ ] 周辺5駅を核とした地域・通称。 柳澤家が郡山へ国替えのとき、前城主本多家から公儀に預けられ、そして、公儀(松平紀伊守)をして引き渡された城郭・城 内建物・城付の武器・御城米などはもちろんのこと、もと本多家家臣が使用していた家中屋敷もそのまま受け取りがおこなわ れたわけで、受け取られた屋敷の品により新規に柳澤家家中に割り振らている。

【蒲田】江戸時代から170年続く和菓子屋さん「志ら井」

このなかには御長屋・小屋を含んでいる。

13
代官役所の跡と向かいの曾雌邸跡付近は、現在のバスターミナル周辺に当る。 門両側控えから続いて低い石積みの上に土塀、生垣で屋敷を囲む。

隠れユダヤ教徒と隠れキリシタン(小岸昭著) / 安川書店 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

組織としては、郡代支配に属する和州・河州支配の 代官3人と、そのもとに代官手代・書役・坊主・同心・代官役所附小使で組織された3組の人たち、それに和州・河州の10人 の大庄屋と惣代2人 享和元2年村替以後 のもとに村々の庄屋が在方組織として農政のみならず、幕末期には疲弊した藩財 政を支えたのである。 その時一番おいしいものを食べてほしいの」と太鼓判をおしてくれたのが栗を使った期間限定もの。 また、総構外にあった武家地24丁は次のとおりである。

3
本稿で史料とした幕末の絵図(前出)には、ここに住んだ侍の姓名が記されていないので、「郡山藩家中図(享保九年)」なら びに「御家中屋敷小路割名前図(宝暦四年)」(いずれも柳沢文庫蔵)を参考に敷地割のみ作図している。 本を盗んだ者、借りて返さない者には容赦なく災いが降りかかることが願われた。