(古都ものがたり 津和野)伊沢蘭奢、夫と子を捨てて出た旧家 忍従より舞台、夢貫いた新劇女優:朝日新聞デジタル

すると彼は 宵 ( よい )の 口 ( くち )から泣き出した。 神奈川• しかしなかなか書く機会が来なかったので、ついそのままになってしまった。 角ばったもの。

5
ところが先方では後から新聞に出してくれと云ったり、雑誌へ載せて 貰 ( もら )いたいと頼んだりするのが常であった。 それでも自分の仕事にかかれば腹の中はずいぶん多忙であった。

あ行

これらの人々は火事や、泥棒や、人殺しや、すべてその日その日の出来事のうちで、自分が重大と思う事件か、もしくは自分の神経を相当に 刺戟 ( しげき )し得る 辛辣 ( しんらつ )な記事のほかには、新聞を手に取る必要を認めていないくらい、時間に余裕をもたないのだから。 私は 黙然 ( もくねん )として女の顔を見守っていた。

[ 約870m ]• 私は電車の中でポッケットから新聞を出して、大きな活字だけに眼を 注 ( そそ )いでいる購読者の前に、私の書くような閑散な文字を 列 ( なら )べて紙面をうずめて見せるのを恥ずかしいものの一つに考える。

「伊沢蘭奢:いざわらんじゃ」[人名](奢が入る熟語)読み

私は彼のためにそれを残念に思った。

3
【は】 葉隠 (はがくれ)思想書[江戸] 咄=咄本 (はなしぼん)[江戸] あられ酒=軽口あられ酒 (かるくちあられざけ) 鹿の子餅 (かのこもち) 聞上手 (ききじょうず) きのふはけふ=きのふはけふの物語 (きのうはきょうのものがたり) 御前男=軽口御前男 (かるくちごぜんおとこ) 私可多咄 (しかたばなし) 鹿の巻筆 (しかのまきふで) 醒睡笑 (せいすいしょう) 鯛の味噌津 (たいのみそず) 露がはなし=軽口露がはなし (かるくちつゆがはなし) 無事志有意 (ぶじしうい) ] 浜松=浜松中納言物語 (はままつちゅうなごんものがたり)物語[平安] 春の日 (はるのひ)俳諧[江戸• 女は 単簡 ( たんかん )にまた私の 納得 ( なっとく )できるように答をした。 中部その他• 3俳句において季語とされている見出し語には、《 季 春》《 季 花=夏》のように示し、代表的な句例を添えるようにした。

いざ わら んじゃ

火の端の意味か。 【お】 おあむ物語 (おあんものがたり)軍記[江戸] 笈日記 (おいにっき)紀行[江戸] 笈の小文 (おいのこぶみ)紀行[江戸] 往生要集 (おうじょうようしゅう)仏教書[平安] 大鏡 (おおかがみ)歴史物語[平安] 大句数 (おおくかず)俳諧[江戸] 大坂独吟集 (おおさかどくぎんしゅう)俳諧[江戸] 興風集 (おきかぜしゅう)〈藤原興風〉私家集[平安] おきく物語 (おきくものがたり)軍記[江戸] 翁草 (おきなぐさ)随筆[江戸] 奥の細道 (おくのほそみち)紀行[江戸] 落窪=落窪物語 (おちくぼものがたり)物語[平安] 御湯殿上日記 (おゆどののうえのにっき)日記[室町~江戸] おらが春 (おらがはる)俳諧[江戸] 折たく柴の記 (おりたくしばのき)自伝[江戸] 音曲口伝=音曲声出口伝 (おんぎょくこわだしくでん)能楽書[室町]• 気分も多少は変る。

4漢字表記が複数あり、それぞれの歴史的仮名遣いが異なるときは、それぞれを「 」と「・」で区切って示すようにした。 業平は小町と好一対をなす美男であるが,小町のような落魄の物語はなく,誕生地や墓所についての伝説も少ない。

伊沢蘭奢

・ か ぎ つるし:神奈川。 最後に富士登山の図を小包にして返した。

「もったいない訳がありません。

夏目漱石 硝子戸の中

アイヌ語では酒を入れる大桶を『トノトコンカ』と言う。

6名詞・形容動詞をまとめた語義区分では、形容動詞連体形の作例に「(の)」を補って名詞にも同様の用法があることを示した。 ポケプロ和伊 0• 2口語形を見出しとし、文語形が存在するものはそのあとに示した。

ホットペッパーグルメ 【ネット予約可能店舗数No.1】

・ いぎり:長崎。

2
生活便利帳 0• 私は次の日も 木賊 ( とくさ )の中に寝ている彼を一目見た。 7 言葉と生活・文化との関わりを重視して、関連する情報をなるべく多く添えるように心掛けた。

‎Apple Music

廟堂は江戸時代初頭、東山五条坂西大谷に移り現在の「大谷本廟」となりました。 包のなかにはこの画のほかに手紙が一通添えてあって、それに画の賛をしてくれという依頼と、御礼に茶を送るという文句が書いてあった。 それで私は 断 ( こと )わろうとしたのである。

7
・ しんどく ・ しんるい:親類。

‎Apple Music

女は私の書いたものをたいてい読んでいるらしかった。 【ら】 蘭学階梯 (らんがくかいてい)洋学書[江戸] 蘭東事始 (らんとうことはじめ)洋学書[江戸]• (大正11年)、32歳のころ、と契約、監督のサイレント映画『』に「三浦しげ子」の名で出演、同年8月31日に公開される。 2省略することが許容されているものには当該のかなを( )で囲み、補った形が許容されているときには語全体を〔 〕で囲って示した。

19
新郎新婦の前に『雄蝶雌蝶』の折り紙の付いた盃を持った男女の子供が、少年が花嫁に、少女が花婿に酒を三度注ぐ。