月次支援金 (METI/経済産業省)

たとえば、 個人事業主からの法人化や事業承継の結果、 営業日数が少なく売上ダウンとなる場合、 単なる (=緊急事態宣言と関係ない)売上ダウン との判断から、 給付目的に該当せず、給付対象外となります。

18
によると、「外出自粛要請で直接的な影響を受けた」との要件に該当する理由はいくつかの選択肢から選び、「宣誓書」を提出するかたちになるもようです。

【続報】一時金最大40万円 対象業種・必要書類・申請方法についての新情報

ちなみに、 持続化給付金は、「2週間からひと月程度」 で給付金が支給されていました。

1
1.緊急事態宣言地域内の時短営業の要請を受けた協力金の支給対象の飲食店と直接的に取引をしている事業者 2.緊急事態宣言地域内の時短営業の要請を受けた協力金の支給対象の飲食店と間接的に取引をしている事業者 3.緊急事態宣言地域内で主に対面で個人向けに商品の販売やサービスの提供を行う事業者 4.緊急事態宣言地域外で主に対面で個人向けに商品の販売やサービスの提供を行う旅行関連事業者 5.緊急事態宣言地域内の個人と継続した取引のある事業者全般 6.直接4~6の事業者に商品の販売やサービスの提供を行う事業者 7.販売先・提携先を経由して、4~6の事業者に商品の販売やサービスの提供を行う事業者 具体的な一時支援金の対象となる事業者については、次のとおり例示されています。 その場合は「事前確認」を依頼できませんので、「事前確認」を依頼する際は、まず「登録確認機関」であることをご確認ください。

一時支援金 (METI/経済産業省)

申請サポート会場 一時支援金の申請は、一時支援金事務局ホームページにおいて、電子申請を行っていただくことを基本としていますが、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、申請サポート会場にて補助員が電子申請の手続きをサポートしています。 時短営業の要請に協力した飲食店には、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続を目的に、地方公共団体等から協力金が支払われる制度が設けられましたが、飲食店以外の事業者には支援の手が届いていませんでした。

20
顧客名簿• 上記の期限延長をご希望の方は、以下の手順に従って、同年 5月31日までに、「申請IDの発行」及びマイページ上からの「書類の提出期限延長の申込」の両方を必ず行ってください。 Q16 申請の審査が通ったかどうかはどうやってわかるの? A16 給付通知が発送されます。

緊急事態宣言 一時金の対象となる事業者は 申請の方法は

本稿では一時支援金の申請方法等についてご説明しています。 〇「外出自粛等」の影響を受けた事業者とは、緊急事態宣言発令地域における不要不急の外出・移動の自粛による「直接的」な影響を受けた事業者です。

17
前年の確定申告• (個人事業者等の場合は、上限が30万円のため、一時支援金は30万円です。

一時支援金 (METI/経済産業省)

「申請に必要な書類の提出期限」や「登録確認機関における事前確認」の延長後の具体的な期限については、後日改めてお知らせいたします。 設備や修繕の関連事業者• また、本資料に関する補足QAも作成いたしましたので、資料と合わせてご覧ください。

4
)が発令され、「飲食店の時短営業」および「不要不急の外出・移動の自粛」が要請されることになりました。 詳しくは、。

よくある質問

一時支援金の申請について 「事前確認」が完了した後に、事務局のWEBサイトから一時支援金の申請を行います。 ご注意ください。 お問い合わせの際は、 電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないようにお願い申し上げます。

7
申請前に営業実態の確認も 事業者が一時金を申請する際の流れです。

【続報】一時金最大40万円 対象業種・必要書類・申請方法についての新情報

ネットが苦手な人のために、各地にサポート会場を設置するとのことです。 なお、対象となる事業者は、2019年以前から事業により事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思があることが必要になります。 【これから申込む方】 登録申込フォームからの申込みに当たっては、以下の内容を記載いただくことを推奨しております。

顧客の居住地を示す宿帳• Q17 申請してからどのくらいで給付されるの? A17 給付までの日数はケースバイケースです。

一時支援金 (METI/経済産業省)

その場合、行政機関の指示により、受講者の個人情報を提供することもあります。

15
一時支援金の支給対象の事業所か否かは、「一時支援金の登録確認機関」 税理士、公認会計士、行政書士、商工会議所等 で事前確認が必要となりますので、税理士・商工会議所等にご確認ください。 事業取引が現金支払いで行われている場合、 通帳記録はなくてもOKですが、 該当の領収証や請求書を確認します。

飲食店以外も対象です!!経済産業省の一時支援金

〇「飲食店時短営業」の影響を受けた事業者とは、時短営業に対する協力金の支払対象となっている飲食店と「直接」あるいは「間接」の取引がある中小法人等または個人事業者等です。 申請が殺到したり、 書類不備などの理由で、 各申請の審査日数が変わることが想定されます。 1.給付要件を満たす事業者であれば、業種や所在地を問わず給付対象となり得ます。

8
なお、各データはPDF・JPG・PNGで保存し、書類は一つずつファイルを準備します。