ハンコンレビュー・スラストマスターT500RSについて

ただ、今時のハンコン最上位機種とどっこいどっこいか?と聞かれますと、最新のT-GTと質感的には変わらないかな?という差です。 当然プレイ中は一切気になりませんが、レース後に「あれ、ファン回っとるな」と気づく感じですね。

11
万が一、壊れた場合は普通の使用感で使って壊れた訳では無いので保証対象外になりますので自己責任で御願いします。 片付けるのは大変 本体とスタンドに重さがあるので安定感良いのですが、片付けるときは大変です。

スラストマスターT300RS GTエディションレビュー!

そこで飛行中には使わないスイッチ類に対して自分なりのアレンジを加えて、エアブレーキ、ランディングギアの上げ下ろし、パーキングブレーキを使えるようにした。 仕事の関係で約3年程、米国に居た時代に譲り受けて使っていたT500。 せっかく楽しむならハンコンで! そんな最新のグランツーリスモを、せっかく楽しむなら環境もちゃんと整えよう!っていうことで、ハンドルコントローラーです。

6
GTスポーツ時は当然実車と同じ1080度に設定しています。 パドルシフト状態では飾りになってしまうのが少し残念。

スラストマスターT

(画像より) 因みにGTエディションではない無印のT300RSもあってこれは少し安いんですが、並行輸入品しかありません。 「TCA QAE」にはエンジンスイッチ用のステッカーに、複数の機器を接続するアタッチメント、ドライバー兼ふたつのレバーを固定するための工具などが付属する。 部屋の片隅に片付けたり押し入れにしまう場合は、面倒でも一旦本体をスタンドから外した方が良いかもしれません。

14
(画像より) もちろん付属品の購入にもお金が掛かりますが、将来的な拡張性は高いです。 スロットルの個性的な反応は『Microsoft Flight Simulator』に設定された補正によるものなので、「TCA QAE」は普通のスラストレバーの製品として使用することも可能なのだ。

ハンコンレビュー・スラストマスターT500RSについて

これはスラストマスターペダル全体に言えますね。 動作してくれません。

12
左側にPS4とPS3切り替えスイッチとMODEボタン。 まず、スラストレバーのポジションは以下のように機能的な意味がある。

A320の操縦に特化しながら汎用性と拡張性の高いフライトシム向け周辺機器「TCA Quadrant Airbus Edition」試用レポート

(例えばAP2スタンドのシフトレバーを設置する場所にDUALSHOCK4を固定してしまうとかですかね。

17
ダンボールから取り出すときに、パッケージの端を折ってしまいました。 因みなその不具合ですか、ゲーム事態は普通に起動し、コックピットまで出るのですが、キーボードが全くもって無反応です。

「スラストマスター」に関するQ&A

電源部は裏面に。

12
T300RSとではどうだ?と聞かれますと、やはりT300RSとでは緻密なFFBの伝え方をしてくれます。 発売してから年数が経っていますし、スラストマスターのHPをご覧頂ければ分かります通り対象機種のリストから外され、PC対応機種のリストに掲載されております。

「スラストマスター」に関するQ&A

いや、マジで。 赤で囲った計器は、左上から時計回りに対気速度計、姿勢指示器、方位計、傾斜計。 MODなどを使うと、かなり重くなり、目いっぱい踏んでも、まだ100%にならないという問題もあり、トレイルブレーキングもやりづらいので。

6
今のところ、踏み切ったところが100%になるように調整してますが、ゲーム側で調整してもいいかもです。