【解説・考察】『九龍ジェネリックロマンス』

過去のようで過去でも無く、現在でもない、未来のようで今の未来でもない 九龍城砦(くーろんじょうさい)が存続してる近未来のようです。

6
たしか金城武とジジ・リョンの映画だったかな。 主人公の鯨井 令子(くじらい れいこ)が工藤 発(くどう はじめ)のことが好きで 淡々と話がすすんできますが、ところどころ後に続くひっかかる箇所が出てくるだけです。

香港在住7年目が「九龍ジェネリックロマンス」を読んだ感想(ネタバレなし)

5.『九龍ジェネリックロマンス』の魅力 ぼく個人としてはこのコミックがすごい好きです。 」と簡単に決着を付ける。 悪気があるわけではないが、それだけに問題の根は深い。

8
蛇沼は潔癖で手袋を常にしているような男。

香港在住7年目が「九龍ジェネリックロマンス」を読んだ感想(ネタバレなし)

ということに気が付きました。 九龍ジェネリックロマンス 第19話 感想 際立つ違い 工藤さんも鯨井さんも切なすぎるだろ……。 他人からは鯨井さんが工藤さんの後輩に見えていることに、工藤さんは落ち込んでいた。

8
眉月:めちゃくちゃしごかれましたね。

九龍ジェネリックロマンス 最新刊(次は5巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

その夜に二人で見たのは、夜空に輝くジェネリックテラ。 鯨井令子(A現在)は、工藤と写真を撮った日だけではなくて、 過去の記憶を全く思い出せない。

16
工藤 発(くどう はじめ)30歳。 そのときに考えていた要素は私の中にずっとあって、それは「クーロン」に反映されているし、今後も反映していくと思います。

『九龍ジェネリックロマンス』の、贅沢すぎるマンガ体験。物語の飛躍に「え、マジで」(マグミクス)

やで確認できる。

7
けど、読んだら大丈夫。

九龍ジェネリックロマンス 眉月じゅん 2巻 あらすじ・感想・ネタバレあり

恋人同士ではあるようだが、何か謎がある。

工藤さんと婚約を交わしたオリジナルの鯨井さんは既に亡くなっている。