偽ドライブヘッド (いつわりのどらいぶへっど)とは【ピクシブ百科事典】

このため、単純にを続けるだけでは光速に達することも、光速を超えることもできない。 またもう一つの特徴として、最上部にそびえる指令タワーは実はインペリアル級とほぼ同一のものである。

6
彼らはオビ=ワンに死の拷問を加えるため、彼をハイジャックしたタートル・タンカーに運び込む。 こうして分離主義勢力の誇る新型軍艦の脅威に終止符が打たれ、共和国のヴェネター級艦のブリッジでは勝利を喜ぶ歓声が上がった。

ハイパースペース

世間に流されて「やはり俺が観た映画は糞だったのかも」と思いはしなかっただろうか。 ウィンドウ率いるアクラメイター級揚陸艦が到着、ライロスの封鎖線は突破されたのだった。 クレルの作戦はクローン・トルーパー達に多大な負担や犠牲を強いる無謀なもので、あまりの犠牲の多さにキャプテン・レックスらは異を唱えたが、ドグマのようにクレルを信じるクローン・トルーパーも現れ、彼らの間にも不和が生じていた。

1
ヤヴィンの戦いの4年後に行われた。 しかし、ファースト・オーダーの艦隊は新技術「ハイパースペース・トラッキング」でレジスタンスの艦隊を追跡していた。

偽ドライブヘッド (いつわりのどらいぶへっど)とは【ピクシブ百科事典】

超絶駆動(オーバードライブ)(『カエアンの聖衣』/)• いや、言えるわけがない。 クレイトの戦い [ ] ラダスから脱出したレジスタンスの生き残りは、惑星クレイトに残っていた反乱同盟軍の前哨基地に身を隠すが、そこにファースト・オーダーのAT-M6ウォーカー、AT-ATウォーカーからなる部隊が来襲する。 墜落した機体から脱出したルークは単身AT-ATの腹部に取り付き、爆弾を放り込んで1機を倒すが、ローグ中隊は味方地上部隊の撤退を援護するため反撃を繰り返し、多くの犠牲者を出した。

16
非正史におけるエンドアの戦い以降 [ ] 非正史(レジェンズ)におけるエンドアの戦い以降を描いたスピンオフ作品においても、帝国軍残党(インペリアル・レムナント)は再三反攻を行い、時に優位に立つこともあったが結局は敗れ、新共和国を打倒できないまま講和を結んでいる。 アミダラは、同じく惑星に居住して通商連合の侵攻を受けた族の協力を得て敵の主力軍をおびき出し、手薄になったシードの王宮にいるガンレイを拘束することで事態を打開しようとする。

ハイパードライブ(スターウォーズ)とは (ハイパードライブとは) [単語記事]

消去機関(バニシング・エンジン)とタイム・エーテル推進の併用(『銀河乞食軍団』/)• しかしDJの密告からファースト・オーダーはラダスを脱出して避難する輸送船に気づき、輸送船を砲撃し始める。 その中でいくつかの軍閥が新共和国の監視をかいくぐって未知領域へと逃亡し、後にとして再興、新共和国と対立することとなる。

18
新共和国の内通者の手も借りつつ勢力を拡大していた。

ハイパースペース特攻ですべて解決するんじゃね?

ただしその巨体ゆえに亜光速での速力では小型艦に劣っており、レジスタンスの艦隊にはシールドを貫けない距離まで離れられてしまった。 設計図はその後オーガナ将軍が受信し、ポーの手に渡っている。

なお、特異な利用例として、『』における超光速航法の一種であるESドライブは、その原理を応用して「瞬間移動」的な攻撃方法に転用した「ESミサイル」という派生系を持つ。

ハイパードライブ(スターウォーズ)とは (ハイパードライブとは) [単語記事]

こうした批判をすることには何の得もない。 オビ=ワン曰く"簡単に"やり過ごす事ができた。 彼女はモールのクモ型生体装置を取り去ると、魔術を使って新しい機械の下半身を作り上げ、同時にモールの精神を修復したのである。

15
リープ航法(『』他)• シャドウ・コレクティブに参加し、マンダロリアンにおける新たな主流派の地位を確保した「デス・ウォッチ」の頭目プレ・ヴィズラが新しいマンダロリアンの支配者「マンダロア」の座を賭けた決闘をモールに申し込み、ヴィズラを打ち破って斬首したモールはデス・ウォッチを「マンダロリアン・スーパー・コマンドー」として再編する事を宣言したのである。 ジオノーシスの戦いから2ヵ月後、分離主義勢力の攻撃計画が明らかになり、施設破壊を狙うドロイド軍と迎え撃つジェダイ・クローン軍が激突。

「『スター・ウォーズ』は死んだわ。万雷の拍手の中で。」

つまり、にはにある物体の「影」がされており、その影の近くを航行するのは非常に危険である。 の小説『』では、極めて小さな時間単位(未満)のうちでは物理法則が無効になるので、その時間単位内で膨大なエネルギーをつぎ込んで超光速で移動するという「跳躍航法(ジャンプ・ドライブ)」が使われている。 そこにレイやチューバッカが乗るミレニアム・ファルコンが現れ、TIEファイターを引き付けていった。

15
亜空間フィールドの外から見ると、宇宙船は亜空間フィールドの膜に包まれ光速で移動しているように見えるが、宇宙船自体は亜空間フィールドの膜の中にある通常の空間に対して静止している。 スカリフに着陸したローグ・ワン分隊は、帝国関係者に変装したジンとキャシアン、及びドロイドのK-2SOを情報管理施設に潜入させる。

「『スター・ウォーズ』は死んだわ。万雷の拍手の中で。」

水中生物の協力を得たジャー・ジャーと救援に駆け付けたグリーン中隊がガンレイを逮捕すると、パドメは「オナコンダが共和国への翻意を示したのはガンレイを捕縛するための演技であった」という体裁を整え、彼が共和国に戻れるよう取り計らった。 しかしこの惑星でも独立星系連合への加盟を訴える動きが拡大し、分離主義者ショガー・トックの扇動による暴動が発生してしまう。

4
この指令タワーは製造元のクワット社が「恐怖の造形」として好んでいるものであり、大型のタワーをあえて攻撃を受けやすい位置に置くことで威圧感を醸し出すようになっている。

スーパー・スター・デストロイヤー(STAR WARS)

サーマル・オシレーターで爆弾が爆発したのを見たポーは単騎でオシレーターの内部に突っ込みこれを内部から破壊する。 <マレヴォランス>撃破 [ ] <レゾリュート>に帰艦したスカイウォーカーは、ジェダイ・マスター・ルミナーラ・アンドゥリの部隊に援護を求めたが、彼女は近隣領域で分離主義勢力の援軍と交戦しており、力を貸す余裕がなかった。

その後ドゥークーは惑星トゥーレで遂にダーク・リーパーを復活させるが、彼の計画はそこで頓挫してしまう。