全飲食店に夜8時までの時短要請…ほとんどの店閉まる中で営業続ける店も「食っていくために仕方ない…」

一方で、政府に対し、緊急事態宣言を出すよう強く要請した。 <ダイニングバーの店長> 「1日10万円売り上げを作らないと、店をやっていけない」 <居酒屋の店長> 「家賃や10人の従業員の給料などを考えると、協力金6万円では足りない」 一方、三重県四日市市では…。

17
。 14日夜に訪れると、ほとんどの飲食店が午後8時を前に営業を終え、付近はひっそりとした雰囲気だ。

東京都「午後8時に閉店しない店は晒すからな」→都民「おっ、この店まだやってんじゃん」

店の担当者: 「時短の要請が入った時点で、(仕入れを)止めてもらったりというお願いを、その日に何軒かしたので。 休業中の売り上げはもちろゼロだが、1日6万円の協力金は、通常営業日の数倍の収入にあたる。 飲食店などが営業時間の短縮命令に従わなかったり、患者が入院を拒否したりした場合に、行政罰である「過料」を科す。

5
2021年1月7日撮影。

コロナ時短で苦しむ「夕食難民」が20時以降開いてる飲食店を探す方法

短期的には「休業しても儲かってしまう」という飲食店さえある中、粛々と営業を続けているお店もあります。 休業中の生活を支えているのは、言うまでもなく協力金だ。

3
コロナによる影響は大きく、4月以降の売り上げは約半分に落ち込んだ。

時短営業の「協力金186万円」もらいながら「隠れ営業」するバーの言い分…収入総額600万超えの店も

この緊急事態宣言の中20時以降もお酒を提供している、助かっているお店をご紹介いたします。

その結果、政府は4日、4都県を対象に宣言の再発令方針を表明。 たとえ休業したとしても収入には困らないが、 「お客さんが来てくれるというなら、店を閉める選択肢はない」と言い切る。

時短営業の「協力金186万円」もらいながら「隠れ営業」するバーの言い分…収入総額600万超えの店も

早く終わってくれー。 。

10
等あればお知らせいただけると嬉しいです。

夜間の“隠れ営業”飲食店が増加「これ以上の自粛難しい」東京

対象の地域では、飲食店での酒類の提供は午後7時まで、営業は午後8時までの時短営業を要請している。 小池知事は同日夜の記者会見で「宣言が出ることは大きな意味がある。

19
ただ店舗ごとに支給額を変える仕組みは、現状では時間がかかってしまう。