【スウェーデンの暮らし】家族に新型コロナウィルス陽性者がいても外出OK?!集団免疫獲得を目指すスウェーデンの今。|ライフデザインズ

しかし!!! スウェーデンの12月現在の新型コロナによる死亡者数は、 8000人以上!!! そして、 スウェーデンの死亡率は2%で、日本より2倍も多い。 「社会活動のためなら犠牲はやむを得ない」という方針となる。 何度も書きますが、マスクをする人は0です。

18
スウェーデンでは子どもが教育を受ける権利が重視され、家庭環境に恵まれない子どもが登校できなくなることで起きる弊害が考慮されました。

スウェーデン、抗体保有率6.1%どまり 「集団免疫」の獲得遠く

ステファン・ロベーン首相は「この秋、私たちの多くはアドバイスや推奨事項に従うことを怠った。 サービスの縮小は他の欧州諸国に比べてかなり小さかったものの、外需の低迷とサプライチェーンの混乱で輸出への影響は避けられませんでした。

16
しかし集団免疫で国民の大部分が免疫を獲得していると第2波が来たとしても経済活動を止めることなく通常通りの生活ができます デメリット デメリットは犠牲が伴うということです。 そう気づいた方も多いのではないか。

「集団免疫はいずこ」都市封鎖避けたスウェーデン 首都のICU病床使用率99%に 米国並みの感染爆発(木村正人)

こちらは保育園。 人口当たりのコロナ関連死は他の北欧諸国と比べて高いものの、英国やスぺイン、イタリアなど厳格な都市封鎖を導入した国々よりは低い。 他に命を救う選択肢があるのに、こうした選別を行うことが医療倫理にかなっていると言えるのでしょうか。

経済を滞らせては、国にとっても国民にとっても大ダメージです。 何があってもとことんマスクは着けない自分流を貫くのがスウェーデンのスウェーデンたる所以です。

第二波真っ只中のスウェーデンから 現地日本人医師による実態証言

グローバル化された現代では「集団」を「全世界」と捉えておいた方がいいのかもしれない。 統計サイト「データで見た私たちの世界(Our World in Data)」から人口100万人当たりの新型コロナウイルス新規感染者数(7日平均)を見てみましょう。

3
免疫を持つことが目的なのでどんな人でもマスクをしていないようです。 ケアワーカーがマスクなど無しで介護にあたっているからです。

【集団免疫の獲得失敗??】スウェーデンの死者8000人超、国王も「失敗以外のなにものでもない…」

しかしそれさえ守れていれば通常営業してよく、実際に人の混み具合も普段と変わらないです。

4
10月から感染者が急増し始め、最近では一日9000人ほどの新規感染者が発生していた。

「すべてのコロナ指標が赤信号」 集団免疫のスウェーデン、結局封鎖令 : 東亜日報

集団免疫が成功するためには、抗体保有率が少なくとも50%以上を越えなければならないが、首都・ストックホルムでさえ抗体生成率が最大17%にとどまったという研究結果も出た。

6
すなわち、問題児のはずのスウェーデンが勝者になったことになる。 非常に多くの死者を出し、惨憺たる心境だ」と話した。

「集団免疫」採択したスウェーデン…国王「失敗認める」

しかし彼も私たちも実際にどれだけの人が免疫をいるかわからないのだ」と、 明らかに間違っているにも関わらず、 ふてぶてしくも間違っていて何が問題なのかと平気で語っているのです。

15
恐らく検査している数も一番多いからでしょう。 スウェーデンのカール16世グスタフ国王(74)が自国の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の「集団免疫」対応が失敗だったことを認めた。

スウェーデンが「集団免疫」を獲得 現地医師が明かす成功の裏側

ピーク時には感染者の治療も担当した医師としての経験と多くのデータに裏付けられた検証にもとづき、宮川博士に「スウェーデンの『第二波』」についてご寄稿いただいた。

10
スウェーデンは医療崩壊?コロナへの集団免疫は失敗? 都市封鎖を避け、世界の注目を集めたスウェーデンが、ドナルド・トランプ米大統領の無策で感染爆発が広がるアメリカの後を追っています。 上記記事が出たころ5月には、「人口の大部分」というのは、およそ60~70%と言われていた。