「造詣」とは?意味や使い方を解説!

「造詣が深い」と反対の意味をもつ言葉 「造詣が深い」と反対の意味をもつ言葉を2つ紹介します。 相手の知識を心から賞賛したい場合には「造詣が深い」という言葉の方が状況にマッチしています。 ご存じかも知れませんが、下記サイトが面白く参考になります。

7
「造詣が深い」までを一つの言葉として覚えておくのが良いでしょう。 「学識がある」は、芸術や技能については表現できませんので、ほかの表現方法を使いましょう。

『造詣が深い』の使い方・読み方について説明します

このように「造」という字にも「詣」という字にも「ある場所に辿り着く」、「ある境地に至る」という意味合いがあることから、「造詣」という言葉には、それに見合った高い知識やスキルを持っているという意味が含まれます。 彼女はルネサンス期の絵画に造詣が深い。 そのため 「造詣」は範囲が限られていることに対して、「精通」は広い範囲で使われます。

2
「造詣が深い」の例文• 彼に聞けばどんなことでも答えてくれる。

「造詣が深い」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

本当に心優しい男だ」といった形で使います。 「造詣」は「特定の分野に知識が広く深くすぐれていること」という意味です。 『造詣が深い』の反対語 『造詣が深い』の対義語、反対語となると 全く理解していない その分野は全然知らない のような意味になってきそうです。

12
「精通している」 「精通している」も「造詣が深い」の類義語です。 「造詣が深い」の使い方• それはその事柄に関してだけではなく、他のことに関してもその人が言っている内容について、信憑性がないと思われてしまうのです。

造詣が深いの意味,使い方や例文,反対語,類義語とは?

ちなみに、留学生がスペルを間違えた州の中には、実家のある州の隣の州もありました! 茨城の人が「千葉」を書けないのと同じようなことです。

19
西尾維新の小説の書評を数多く執筆し、読売新聞コラムにおいて鎌池和馬などのライトノベルを推薦したこともある。 造詣が深いの意味は「ある分野の知識やスキルが非常に秀でていること」 「造詣が深い」の意味は「ある分野の知識やスキルが非常に秀でていること」です。

「造詣が深い」の意味や使い方とは?読み方・類語・対義語・例文を解説

」 パソコンに非常に深い知識を持っている彼なら、どんなハッキングにも対処できるだろう。

15
造詣が深いという言葉を使いこなして表現力を上げよう! 造詣が深いという言葉は、相手を称賛する際にバリエーションに加えておきたい言葉です。

「造詣」とは?意味や使い方を解説!

どちらも「物事について詳しく知っていること」を表します。

この例文も紹介した3つのポイントをしっかりとおさえた表現となっています。 「浅学非才」は学問や知識が浅く未熟なこと、また才能が欠けていることを表す言葉です。