もうお金に困らない!!GESARAと量子金融システムでみんな豊かになれるよ。

これまでの、各国中央銀行を世界銀行が統括する制度が崩壊し、 現在は、量子金融システムによって、金融が制御されています。 貨幣とは、もともと貸借の関係を記録した情報であると言うもので、三橋氏はMMTを推奨しておりますが、この基本は「ケインズ経済学」に帰するものと考えております。

現在の社会の流れからすると、後5年くらい実現しなかったら、デマだったということになるでしょう。 中には引き込もって漫画読んだりゲームだけしてたり、そんな方もいらっしゃいますが、それだって作り手からしたら「楽しんでくれてありがとう」ですよね。

通貨リセット「量子金融システム」に移行となるか

マイナカードで、金融取引をします。 交換レートは、1対1なので、 私たちの現在している円も、 同額で、USNに交換されていくことでしょう。 使う人の立場に立って、ものづくりをする職人。

19
もちろん、や利己的な人間も駄目です。 そこでタックス・ヘイブンが必要になり、逆に主権国家はタックス・ヘイブン潰しに奔走します。

【量子金融システムの初歩的な解説】学びの資料

果たして、QFS および、ネサラ・ゲサラ発動でこの世界の「地ならし」は成功するのでしょうかね・・・。 開発メーカーは、IBMやGoogle、そしてカナダのD-Waveシステムズ、NTT、理化学研究所が参入しているようです。

16
日本ではバーカードということになるでしょうか。

量子金融システム(QFS)って何?わかりやすく説明します。

スポンサーリンク 量子金融システムはデマ? ということで、量子金融システムはデマではないかという意見も多数みられます。 話がそれましたが、以上のことから、量子金融システムに使用される技術は、我々が想像しているものと全く違うものである可能性があります。

現在の世界の金融システムは、あなたのお金が高金利で奪われた借金によって裏付けられているという原則に基づいており、 このように世界経済は流れており、一握りの家族 世界支配者層 のポケットを埋めています。 レプティリアンの中には、可視光線の範囲内で活動できる者も存在し、そうした者は地下都市や月の内部に棲んでいる。

給付金時代に突入!!量子金融システムは始まっている!!

またアイク自身もレプティリアン説については受け入れ難い情報であった、と漏らしているが、長年の研究や神秘体験の末にそれは確信に変わったという。

ファイナンシャルアドバイザー 大崎 真嗣 <出身> 愛知県名古屋市 <経歴> 愛知大学経済学部卒業 大手旅行会社で10年間、その後、企業の人材育成を支援する会社で約6年間、法人営業として経験を積む。

【大朗報!?】闇天皇や安倍、麻生、その他多数の悪魔支配の闇社会のお金は全て量子金融システムリセットされる それが還元され、日本国民には一人当たり1億6千万円の給付: 今この時&あの日あの時

関連商品. 量子金融システムについて、詳しく説明されている動画がありました。

9
第3段階では、その「問題」の解決法を自ら提案し、世論を都合の良い方向に誘導していく(特定の政治家を排除する、特定の法案を成立させるなど)。 でも、レプ達は最後まで抵抗するけれど、必ず光が勝利するのは間違いないと言っていましたから、もう少しのところなのだと思います。

量子金融システムはデマなのか?

企業だけでなく、小さな国家であればその国の通貨を使って儲けることも出来ます。 細かく金融システムの話をすれば、ここに税制の問題やインフレ・デフレの問題、為替政策、などさまざまな問題があるわけですが、それは横に置いて、ここでお話したいことは、一体アメリカで今後金融システムをどうしようとしているのかと言う点です。

11
もはや、通貨を発行することはできません。 今では紙屑となりつつある通貨ですが、 DSは、近々になって、 通貨が紙屑になることを想定していました。