プロが教える「外壁塗装の契約書」で知っておくべき知識

例:Aさんは5月5日に契約を行った。 工期の確認(着工日と完成予定日は入っているか)• リフォームジャーナルでは、業者選びに特化した下記のような記事も配信しています。 信頼できる業者の詳細は、こちらの記事をご参照ください。

3
支払日と支払い金額が明記されている これまでに受け取った見積もり書と金額が異なっていないか、支払期日はいつか、を確認します。 クーリングオフ制度の対象となるのは、契約日から起算して8日以内である場合のみです。

屋根や外壁塗装の契約書、どこをチェックすればいいの!?契約書の種類や役割・注意すべき点をご紹介【前篇】

しかし、万が一の時の保証や違約金、クーリングオフについてなど、約款には重要なことが記載されています。 参考 民法 634 条(請負人の担保責任) 一項 仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の 修補を請求することができる。 直さないと地震で崩れてしまう」と屋根工事を勧められた。

10
業者が注文者に改めてクーリングオフについて記載した書面を交付し、説明した日からクーリングオフの期間が設定されます。 それにも関わらず、多くの人が「契約書」を軽く扱ってしまう現状があります。

□請負契約書約款

支払い条件について 契約書には必ず工事請負金額の支払い条件が記載されています。 見積書に記載されていた工程が契約書では省略されていては大変ですので、工事金額以外の部分も細かくチェックすることが大切です。 ・塗料メーカの保証 塗料メーカーによる保証には、「製品保証」と「メーカー保証」があります。

外壁塗装はトラブルが多い分野 住宅関係には様々な工事がありますが、中でも外壁塗装はトラブルが多い分野です。 工事の内容と金額が分かります。

塗装見積書

なので、自宅の契約は避け、業者の会社の雰囲気を知る意味でも、業者の事務所で契約をするようにしましょう。 よくよく考えて契約するのはもちろんですが、もし契約解除をしたい場合には3章の内容を参考にまずは契約解除ができるどうかをチェックしてみましょう。

保証内容とアフターサービスについて 工事後の保証内容・アフターフォローも確認しておくことが重要です。 業者側は、万が一何かがあっても、すぐに対応できるように工事後もアフターフォローとして保証してくれます。

外壁塗装の契約方法と注意するポイント

つまり保証書があったとしても、本当にそのときになったら保証をしてくれる保証というものではありません。

5
その場では理解していたのに、契約後にわからないことが出てきて不安になった方、思っていたことと工事の内容が違ったので解約したくなった等、外壁塗装の契約書に関してなんらかの不安や疑問を持った方がこの記事にたどり着いたことと思います。 塗装業者の選定を済ましたら、工事の完成を約束する「工事請負契約」を結んでください。

塗装見積書

不安・悩みを解決アドバイザーへ無料相談• 2-2.請負契約を取り交わす際、押さえるべきポイント! 契約書を用いて契約を取り交わすことは、そんなに頻繁にありませんから、わからないことも多いですよね。 契約書を使用しておこなう契約とは、強制力をもっておこなわれる法律行為です。 外壁塗装の契約後に問題に気づいた場合の対処法 それでは最後に、外壁塗装を契約した後に契約書の問題に気づいた時の対処法を紹介します。

7
契約は口約束ではなく、必ず書面で交わすようにしましょう! プランや見積もり内容を確認・検討して、業者が決まったらいよいよ契約です。 施工金額や支払い方法、支払い期限について書かれています。

知らないと危険!外壁塗装の契約書を交わす時におさえるべき5つのポイント

塗装工事は専門性の高い知識や技術力が必要であるにも関わらず、事業を始めるにあたり特別な資格を求められる事はありません。 工事後のアフタフォローや保証に関しても会社組織の方が整っている事は間違いありません。 保証書は必ず書面で受け取り、保証対象や保証内容をしっかりと説明してもらいましょう。

4
そういった場合、他の業者と相見積もりされたくない理由がある可能性があります。 備考欄に但し書きがないか これらを確認してから、最後に日付・住所・氏名・押印・業者の名称・業者の住所・社印をチェックしましょう。