三菱リコール隠し

2017年に発表、発売した電気小型トラック「eCanter」は、自動車メーカーとして世界で初めて量産に成功した電気トラックです。 西四国ふそう (愛媛・高知(旧愛媛ふそう、高知ふそう))• さらに、6月10日には別の事故で三菱自工の河添元社長や宇佐美ら元役員6人が、神奈川県警察・などに逮捕された。

3
1996年5月 - クラッチ系統についてリコール対策会議が開かれる。

三菱ふそうトラック・バス

1982年 - 大型観光バス・発売開始。

12
この欠陥が原因の事故は、人身事故が24件、火災事故は101件。

三菱ふそう トラック・バス 株式会社 喜連川研究所

内部告発の内容は、不正の要所を衝いており、どのように調査を進めるべきか、どこに資料や情報が隠されているか、どのように隠蔽工作を見破るべきかまで指示する具体的なものであった。 三菱自動車工業 [ ]• (MM路線系)• 「トレンドが変わったからといってデザインを変えようとは思わない。

5
中型トラック『ファイター』や大型『スーパーグレート』は、まだブラックベルトの顔付きになっていない。 略年表 [ ]• 2016年現在ではサービス(修理・整備・部品販売)を受け付けている。

三菱ふそうトラック・バス株式会社川崎製作所

『中日新聞』2004年6月11日 朝刊1面 1頁「三菱自・河添元社長を逮捕 クラッチ欠陥隠ぺい 業過致死容疑 元役員5人も 神奈川・山口県警」• 販売会社 [ ] 連結統合 [ ]• 「その通り。 母親(当時29歳)が死亡し、長男(当時4歳)と次男(当時1歳)も手足に軽傷を負った。 バスの企画・研究開発・生産・販売の事業を両社から合弁会社へ移管統合するために協議を続けるする方針。

しかし艶やかな樹脂で表現されるブラックベルトは、もちろん過去のグリルの焼き直しなどではない。 筆者は「施設そのもので集客できる強い宿は例外的で、温泉地の魅力自体が集客を左右する」と指摘する。

Homepage

代表者 [ ]• (田辺・和歌山)• 横浜母子3人死傷事故においては、三菱自工が欠陥を認めるまでの間、事故車両を運転していた運転手男性の自宅に対して「人殺し」などの中傷が家の壁に貼られたり、などのが相次ぎ、男性が経営していた運送業は廃業している。

2017年、久方振りに専用車としてが採用された。

三菱ふそうトラック・バス株式会社川崎製作所

などでは者が続出し、2001年には大江工場()が、2003年にはがそれぞれ閉鎖に追い込まれた。 これによりふそう系販売会社は地域販売部門26部門と、地元資本会社10社の2つのグループに大別されるようになった(地元資本会社10社の内、函館ふそう、神奈川ふそう、岡山ふそうの3社は三菱ふそうトラック・バス株式会社のである)。

14
国内トラック販売シェアは第3位(2011年)。 国ごとに規格や求められるデザインが違う商用車の仕様を、同一ラインで効率よく完璧に作り上げる独自の生産システムを構築し、アジア・オセアニア・北中米・アフリカなど、世界各国にグループ拠点を有する、世界の輸送を支えるグローバルメーカーです。

三菱ふそう トラック・バス 株式会社 喜連川研究所

(AA系・日産ディーゼルのOEM供給車)• 進化するのは、たいがいフロントだけ。 1950年 - B25型大型ボンネットバス発売。

8
バス車体製造• トラックのデザインには、その大きさに見合った力強さが望まれる。