モンシロチョウの幼虫→さなぎ→成虫まで!青虫の飼い方・育て方まとめ

・ モンシロチョウは、日本人に、馴染みがあるチョウでしょう。

3
そのくせ暑すぎるのは苦手です。 サナギの体の中はドロドロになっていて、頭、胸、腹の区別はつかないんだって。

モンシロチョウ軽微異常型 標本画像

成虫は,全体が白く,はねのふちや前ばねの中に黒っぽいもようがある。

14
分類上も、近縁です。

5分でわかるモンシロチョウの生態!卵~幼虫~さなぎ~成虫と一生を解説!

儚い命だといえるでしょう。 今度はりっぱな幼虫です。 最初は白色ですが、3日ほどで黄色くなってきます。

5
モンシロチョウの幼虫は、成虫と姿、形がまったく違う。

モンシロチョウのページ

類似種にミヤマカラスアゲハがいる 【分布】北・本・四・九 【時期】4~9月(多化性) 【食草】サンショウ、カラスザンショウ、コクサギなど 【生息環境】人家、公園、森林などの樹林地やその周辺 【庭に呼ぶために】樹木が茂った環境を好むため、食草の他、庭木を多く植える ナガサキアゲハ 【識別】オスは全体が黒色、メスは後翅を中心に白い斑紋。

12
そんな時、交尾を済ませたメスならば、翅を広げ、おしりを上げて「お断り」のポーズをします(下写真)。 翅の部分を拡大してみて見ましょう。

ãƒ¢ãƒ³ã‚·ãƒ­ãƒãƒ§ã‚¦å†™çœŸç´ æã€ãƒ­ã‚¤ãƒ¤ãƒªãƒ†ã‚£ãƒ•ãƒªãƒ¼ãƒ¢ãƒ³ã‚·ãƒ­ãƒãƒ§ã‚¦ç”»åƒ

その際には、チョウの種名を図鑑等でお調べください。

4
1週間ほどで孵化をします。

5分でわかるモンシロチョウの生態!卵~幼虫~さなぎ~成虫と一生を解説!

表は、オスに赤橙色、メスに白色の斑紋がある 【分布】本・四・九・南 【時期】4~11月(多化性) 【食草】クズ、フジ、 ハリエンジュなど 【生息環境】樹林地や樹林の多い公園や人家など 【庭に呼ぶために】柿の実があると秋に成虫がよく集まり、常緑樹の植え込みで成虫越冬する キタテハ 【識別】表がオレンジ色で黒い斑点があり、裏側は茶色の特徴的な斑紋 【分布】本・四・九 【時期】3~11月(多化性) 【食草】カナムグラ、カラハナソウなど 【生息環境】公園や農地、河川堤防などの明るい草地 【庭に呼ぶために】秋の花壇や柿の実に吸蜜に来る。

16
中々無いチャンスですので、虫眼鏡やデジカメで拡大して観察しましょう。

モンシロチョウのからだのつくり|素材詳細情報|理科ねっとわーく

「菜の花畑のモンシロチョウ」は、日本人の原風景とも思えますね。 後翅裏面の3本の白帯が特徴 【分布】北・本・四・九 【時期】6~9月(年1化、夏は夏眠) 【食草】タチツボスミレなどの各種スミレ類 【生息環境】樹林周囲の草地 【庭に呼ぶために】秋になると移動するようになり、花壇の花によく集まる ゴマダラチョウ 【識別】黒色に白い斑紋がある。

この時に最後の脱皮をしながら出てきて青虫の上で繭を形成します。

モンシロチョウ

食物連鎖の世界がここにも存在します。

オスは蛹から羽化したメスを探して飛びますので、キャベツなどの葉の周りとかとにかく元気に飛び回ります。