メタレーサーで40㎞走をしてみた感覚 【疲労度は?他のシューズとの違いは?】

故障も防げると思います。

「TOKYO」の文字がプリントされている。

asicsのメタレーサーを使用してのレビュー

日々の練習の様子をで綴っている category. 沢山走ってもあまり削れないし• 同じアシックスの薄底レーシングシューズである ソーティマジックRP5は約155g。 スカイのクッション性もかなりすごいが、クッショニングモデルのグライドライドはさすがに上回る事が出来ないだろう。 疲れていない状態で10kmと1000mのタイムトライアルをしてみたいですね。

19
ちなみにアディゼロ takumi senのベストは9分6秒。 面で地面を捉える意識が必要になりますね。

【アシックス】メタレーサーの長所と短所

横幅が狭いので、普段履いているサイズより0. どこのメーカーとは言わないが、Nikeのシューズは踵が緩すぎて走る気力が萎えてしまうため、踵までこだわって作ってくれるアシックスは私の中で最も信頼しているメーカーである。 硬すぎでもなく、柔らかすぎでもなく、絶妙なクッション性でとても走りやすい。 雨天時の性能が気になるところです。

14
以下は360度ビューのショートムービー。 お好みのカラーを選んでもらいたいのですが、僕が履いているで市場にあまり数量がないようです。

【爆走必至!】アシックス・メタスピードスカイ 詳細レビュー|サイズ感や走行感、メタレーサーとの比較を交えて

最後に 以上がメタレーサーに関する私の感想である。 まずペーサーとして5kmを1km6分ペースで走ったあと、10kmを1km5分ペースで走りました。 スタート 先頭は招待選手。

17
爪先の部分。

Mペース10K・ASICSメタレーサー購入

まだ暑いときに履いていないので、蒸れなかったとかというのは感じることはないですが、 夏場のレースやトレーニングで使用すると抜群の効果を発揮するかもしれません。 コンセプトは「読めば走りたくなるマラソンブログ」• 中足部のアウトソールの耐久性はそこそこ高そうである。 0キロ 発売日当日(6月12日)に購入して、1週間(6月19日)して届きました。

15
残念な点は重量ですね。

Mペース10K・ASICSメタレーサー購入

ぜひ、たくさんのシューズを試し履きしたりしてみて、自分に合うメーカー探しをしてみることをオススメします! メタレーサーの特徴 メタレーサーには3つのジャパンテクノロジーが搭載されています。

17
反発はヴェイパーフライの方が良い 足首にかかる負担が少なく、反発もあるメタレーサーですが、ヴェイパーフライの様な反発を求めるのであれば、少し期待できないと思います。 ヴェイパーフライ は反発を目的にカーボンプレートが内蔵されていますが、カーボンエックスやメタレーサーはそういった使い方でカーボンプレートが内蔵されてるわけではありません。