創価学会本部幹部会 youtube

(1948年)• 自らの倫理観に反する仕事をしなければならないこともあれば、人格的に破綻した人間と協働せざるをえないこともある。

1
彼らのような「」的な思考回路しか持たない人間は、現実的な目標やそれに至るまでの道程を示す能力が皆無なので、迷走するしかない。 青年部長:志賀昭靖• 虚淵玄(エロゲライター)• (1873年)• しかし、権力の魔性に取り憑かれた学会本部は、そうした人間の声が聞こえなくなっているのである。

創価学会職員について

川崎市出身。 父のような悲劇が二度と起きないようにするためです。

であるから学会本部職員の方々は、派閥が出来てしまうのは仕方ないにしても、組織の維持を重要視するという穏健な態度と、自らの誤りを認めて改める謙虚な姿勢を持ち、余程のことがない限り、組織を割るような真似はしてほしくないと思う。 御書には、この世界は第六天の魔王の領土であり、魔王は、広宣流布が進み、仏の軍勢にその領土を奪われることを恐れて、ありとあらゆる手を尽くし、法華経の行者を迫害することが述べられている。

創価学会

彼ら3名の池田名誉会長の言葉を振りかざしての造反は、そのような時代の到来を予感させる。

(1916年)• 第一の「病い」:「悪の糾弾」に固執する短絡性 まず第一に、矛盾や不正に直面した際に、「悪を糾弾する」といったアプローチしかとることのできない短絡性である。

創価学会職員について

つまるところ何をしたいのか、彼らが目指すものは何なのか、全くわからない。 そういった現実を甘受せず、理想を保ち続ける人間は立派であるが、現実から遊離して自らが「諸悪の根源」と認識したものを攻撃することだけに労力を費やすのは、全く幼稚と言わざるを得ない。 「外道・悪人は如来の正法を破りがたし仏弟子等・必ず仏法を破るべし師子身中の虫の師子を食(はむ)等云云、大果報の人をば他の敵やぶりがたし親しみより破るべし」(佐渡御書、同) 創価学会を敵視し、日夜ネット上などで狂ったように学会批判を展開するのは、基本的に外部、つまり学会の外の者です。

17
その年のうちに銃殺刑となる。 要するに彼らは、信仰者としてではなく、一社会人として未熟なのである。

創価学会副会長退転, 金原明彦除名、山本哲也副会長・未来本部長解任、資

(1927年)• しかも気になるのは、それまでは数週間に1度、必ず面会していた原田会長が3年程前から訪問の頻度が少なくなり、やがてほとんど行かなくなってしまったこと。 (1948年)• ビル管理だとか出版だとか広報だとかそういうような会社っていうのはあるんだけれども、ブックオフとかダイソーが果たしてそうなのかというと、ちょっとこれは違っていて、創価学会の信者っていうのは登録されている数だけだと1700万人ほどいるらしいんですね。

名誉会長:(会長兼任)• 私の父を見てみると、明らかに創価学会によって騙され、搾取された人生でした。 その青年将校らが銃殺刑となってから、およそ10年後、彼らが目指した政策のうち、「財閥解体」「農地・農民の解放」が、意外なかたちで実現する。

5・3「創価学会の日」慶祝 創立100周年へ 第3回本部幹部会 婦人部希望総会|創価学会公式サイト

また、 青年部、婦人部、壮年部の他に、「社会本部」や「文化本部」といった組織があることもポイントです。 2週間はせずに公表されると思われるので、今池田大作さんが亡くなっているのは有り得ないということを仰っていました。 創価学会は自分たちに都合の良い教義を作って会員を騙し、奴隷にして搾取しています。

世界広布新時代第46回本部幹部会が開催|創価学会公式サイト 師の仰せを守りたいと血の涙を流しながら、懸命に声を上げ続けているのである。 萩本氏の後見役は原田会長とされる。

創価学会を脱会した幹部には以下の人がいます。

それもまあ創価学会企業というのかというとちょっと微妙だと思うというか、社長が変われば創価学会員じゃない社長が就任する場合もあるわけですから、そう考えるとちょっと微妙な話なのかなあという風に仰っていました。 機関紙の「聖教新聞」には時折、本人執筆と称する会員へのメッセージが載るけれど、やたら雄弁な内容だから、大作ならぬ「池田代作」と揶揄される。

その過程において、原田会長や長谷川理事長などの最高幹部に不正人事を直訴したり、池田名誉会長に組織の腐敗を訴える手紙を届けようと試みたらしい。 大沢伸一(DJ)• 要するに創価学会内においては、池田大作を持ち上げてさえおけば、安泰でいられるということなんだと思います。