2021年プリキュアは68人に。「プリキュアは今、何人いるのか」問題を真剣に考える。

これにより『映画ヒーリングっど』が2021年春公開に変更されたため、同年のクロスオーバー映画は制作されていない。 さらに変身者の情緒不安定により人間態ではないプリキュアへ変身する事例もあり『映画アラモード』のシエル(パルフェの容姿がキラリンになった「キュアキラリン」)が該当する。

16
上記に学校へ通っていないメンバーを含む メンバーの通う学校はとに分かれており大抵同じ学校の同級生や先輩・後輩のケースが多い(前述)。

『プリキュア』全15シリーズの歴史をメンバー数やテーマの変遷から読み解く 初代から続く偉大すぎるレジェンドをおたっきぃ佐々木が徹底解説

ただし、今回はチーム戦ということで、 プリキュア同士で力を合わせると強くなるシリーズは若干数値を上げています。

9
ルージュの赤とアクアの水色が重なってローズの紫に似た色になってるし、ドリームのピンクとレモネードの黄色が重なって山吹色となり、ルージュの赤と同系色になってしまいました。

「プリキュア」まるごと大図鑑2021に注目! 歴代68人が表紙&各キャラ1ページ大で紹介(アニメ!アニメ!)

一方で学業・スポーツ面においては、幼少期からの勉学の積み重ねや特定分野に秀でた才能が幸いし一際優秀な成績を修めていることが多い。 『ハピネス』放映時に設定された10周年記念ロゴはこちらが使われている。

15
二人のうち口数が多く先に意見するのは満のため 5GOGO・美々野くるみ 理由・6人の中では、比較的まともで、自らの故郷を自分の手で守ろうという気持ちが強いから フレッシュ・東せつな 理由・せつな自身、元敵であるため、他の3人がもう2度と彼女を悪に染めないという心が強く、 彼女の気持ちを理解しようとして行動するため、チームの協調性が高まるから ハートキャッチ・月影ゆり 理由・年長者であること、敵との因縁があること、 なんのために戦うのかを1番知っている人だから スイート・調辺アコ 理由・ノイズの被害者が彼女の家族や家来が多いため 友情よりも家族の絆のほうが大きい スマイル・青木麗華 理由・彼女が中心にならないと、このチームは全滅必死だったため ドキドキ・相田愛 理由・このお話のテーマは博愛 博愛について1番説得力のある意見が言える人かつ 1番の頼れるリーダーであり あらゆることに関してもその後ろに彼女という存在があるから ハピネスチャージ・氷川いおな 理由・なんのために戦うのか(姉のこと)というのがはっきりしていて しっかりその仕事(プリキュア業)をこなせてるから GOプリンセス・天の川きらら 理由・この作品のテーマは夢、モデルの夢をしながら勉強と両立、 敵に夢を潰されてもすぐ立ち直る。 風の精• 希望の姫君• ある日、見に行ったトリニティのライブで感動に浸っていると、突如現れた全世界の支配・統制を目論む管理国家「ラビリンス」が送り出したナケワメーケによって会場は大パニックに。

歴代「プリキュア」シリーズ18作品まとめ ストーリーや特色を一挙おさらい!【映画ヒーリングっど プリキュア公開記念】

(『Splash Star』咲役)• ただし『NewStage』で初登場したエコー(変身者:坂上あゆみ)のように作品によってプリキュアとしての扱いが分かれたり、制作関係者個々人の認識によっては『映画魔法つかい』のキュアモフルンもオールスターズに含まれる など、制作サイドにおいても公式(オールスターズ)・非公式の判断が分かれることがある事に留意する必要がある。 プリキュア 相田マナ キュアハート ラブリーコミューン キュアラビーズ 菱川六花 キュアダイヤモンド 四葉ありす キュアロゼッタ 剣崎真琴 キュアソード 円亜久里 キュアエース ラブアイズパレット ハピネスチャージ プリキュア! メンバーは常に良好な信頼関係を築き行動しているが、時折性格の違いや意見の衝突により軋轢が生じ仲たがいになるメンバーもいる。 』が、2021年3月20日より全国公開。

19
夏木ひつじです。 器用で何でもこなしてしまう。

歴代「プリキュア」シリーズ18作品まとめ ストーリーや特色を一挙おさらい!【映画ヒーリングっど プリキュア公開記念】

すこしワガママ• アースはラテが変身アイテムを担うため。 未来へ導く光の王子• プリンセス』(・)• しかし話によっては実在する都市が舞台となることもあり 、またして過去や未来の世界を駆け巡る場合もある。 主人公以外の性格は、冷静沈着、おっとりなど多種多様である。

16
敵幹部だった人物のプリキュア覚醒 メンバーの中には物語開始時点で敵組織に属していた人物もおり、組織に入った経緯は以下の4パターンある。

歴代「プリキュア」シリーズ18作品まとめ ストーリーや特色を一挙おさらい!【映画ヒーリングっど プリキュア公開記念】

同年春より秋期公開の劇場版とは別に、クロスオーバー映画である「プリキュアオールスターズ」シリーズの展開がスタート。

7
まさに攻守両面で隙がありません! この作品では「初代」と同じか、あるいはそれ以上に戦闘シーンがゆるやかだったのですが、 精霊の力で高められた瞬発力が そのマイナス点を補っています。