「草枕」詳細解説【夏目漱石】|fufufufujitani|note

それはいいんですが、では、この一節をもっと簡単に言えばどういうことなのか、やはり納得がゆかない。 青空文庫: 夏目漱石の記事. ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が 降 ( くだ )る。 冒頭 山路を登りながら、こう考えた。

10
「智」に〈地道〉なんて意味はないし、また後者の説のように「智」は〈知恵〉だとしても、「知恵に」と「知恵が」では大違いだ。

夏目漱石の名文『草枕』の冒頭

着想を紙に落さぬとも 鏘 ( きゅうそう )の 音 ( おん )は 胸裏 ( きょうり )に 起 ( おこ )る。 片 ( かた )づけようとすれば世が立たぬ。

3
理知だけで割り切っていると他人と衝突するし、個人的な感情を優先させれば、足元をすくわれてしまう。

「草枕」詳細解説【夏目漱石】|fufufufujitani|note

雲雀の鳴くのは口で鳴くのではない、魂全体が鳴くのだ。 冒頭に全編の内容が凝縮されている場合が多いです。

御婆さんが云う。 ゾ ラに傾倒する自然主義が盛んだった発表当時の文壇の潮流と、『草枕』はひどくかけ離れています。

夏目漱石の『草枕』の冒頭「とかく人の世は住みにくい」つくづく共感。。【娑婆(1)】

淵明、王維の詩境を直接に自然から吸収して、すこしの 間 ( ま )でも 非人情 ( ひにんじょう )の天地に 逍遥 ( しょうよう )したいからの 願 ( ねがい )。 意地を通そうと思えば、色々と窮屈に生きざるをえない。

智・情・意地は知・情・意の三分方に従うもの。 こんな所でも人間に 逢 ( あ )う。

石畳の道

「智に働ければ角が立つ。

2
(2001. これがわかるためには、わかるだけの余裕のある第三者の地位に立たねばならぬ。 夏目漱石『草枕』 テンポの良い冒頭。

石畳の道

近代小説を読むとき、予備知識の不足を補ってくれるのが、文庫などの巻末に付いている「注釈」です。 漱石は本作の登場人物を描写することをとおして、戦争で増えていく戦死者や、その戦争によって発生するメリット、さらにそのような戦争を生み出す西欧文化を明確に描き出しました。 画 ( が )であり詩である以上は 地面 ( じめん )を貰って、開拓する気にもならねば、鉄道をかけて 一儲 ( ひともう )けする 了見 ( りょうけん )も起らぬ。

15
余は天狗岩よりは、腰をのして、手を 翳 ( かざ )して、遠く向うを 指 ( ゆびさ )している、袖無し姿の婆さんを、春の 山路 ( やまじ )の景物として 恰好 ( かっこう )なものだと考えた。 そして、彼女は財布を渡すのでした。

石畳の道

箒 ( ほうき )を 担 ( かつ )いだ爺さんが 橋懸 ( はしがか )りを五六歩来て、そろりと 後向 ( うしろむき )になって、婆さんと向い合う。 住みにくさが高こうじると、安い所へ引き越したくなる。

16
2 ;border-right:4px solid rgba 255,255,255,. 菜の花に気をとられて、踏みつけたあとで、気の毒な事をしたと、振り向いて見ると、黄色な珠は依然として鋸のなかに 鎮座 ( ちんざ )している。

「草枕」詳細解説【夏目漱石】|fufufufujitani|note

ただの人が作った 人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。 近頃はちっとは具合がいいかい」 「なあに、相変らずさ」 「困るなあ」と婆さんが大きな息をつく。

15
向う側は見えない。

夏目漱石 草枕

川底に突き立てて、力を入れて進めることを 「棹差す」と表現します。 那美の父は士族なのです。 「全くです。

4
笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。