高野 寛が語る。コロナ禍の今を予言していたかのような、YMOのアルバムは?

テイクの善し悪しの判断についても、「集中力なんてそんなに何時間も続かないから、徹夜作業なんて無意味だ」と言って、長くても7〜8時間くらい作業をやったら「今日は終わり」ということになってました。 今と同じビジョンではないと思うんだけど、予言めいてるなと思って。 EQをすることなく、自分の声に合うような製品に出会えればいいですね。

7
彼がミックスにかける時間は平均1曲につき1時間程度でした。

高野 寛が語る。コロナ禍の今を予言していたかのような、YMOのアルバムは?

「選択肢の多さでクリエイティビティを枯渇させてどうすんだ?」みたいなことも思いますよ。 家にもスピーカーが付いてる機材はラップトップのパソコンかテレビくらいしかない。

7
Rock oN:まだ大学生だったんですよね? そのツアー経験で自分の進む道が見えてきましたか? 高野:う〜ん、オーディションの時点では、今の自分に繋がるような自作曲はそんなに出来てなかったので「アコギの弾き語りができる人にちゃんとなろう」と決心しました。

高野 寛が語る。コロナ禍の今を予言していたかのような、YMOのアルバムは?

第30回目はミュージシャンの高野寛さんです。 坂本龍一さんのFM番組「サウンドストリート」を始めとして、色んな音楽を耳にして影響を受けるようになり、「音響系の大学に進みたいな」と思い、大阪芸大の芸術計画学科 音響コースに進みました。

5
夜にちょっと明かりを消して、時にはお酒でも飲みながら聴くのもいいかなって感じで2回目をやりました。 Rock oN:ご自身のやりたい音楽の方向性が、かっちり決まっている印象でした。

高野寛のnote|note

写っていないが後方にヤマハの防音ブース。

14
高野:戦争のときとかもそういう気持ちがあったかもしれないけど、その状況とは違い、今は逐一いろんな映像とか情報が入ってくる。 もともとアルバムサイズってハードウェアの都合で作られたものだから、そう考えれば、時代と共に無くなってしまっても全然おかしなことではないし、「アルバム」というフォーマットがまだこれから先、必要とされるのか分らないですが、僕のキャリアの25年はCDの25年と重なるので、その締めくくりとして、いいCD、いいアルバムを作りたいなと思っています。

【People of Sound】第30回 高野寛さん

でも三和音の聞き取りだけは絶対間違えない子供だったんですよ。

8
いまライブハウスとか音楽業界でいろいろと苦しんでいる関係者を支援するイベントがあるんですけど、僕もお世話になった人たちに少しでも恩返しがしたいなと思いました。 ギターを始めたのはいつですか? 高野:中学1年生の時です。

downloads.solarbotics.net: TIMELESS PIECE BEST OF HIROSHI TAKANO: Music

高野:とはいえ、刻一刻と状況は変わっていくじゃないですか。 だいぶ出来上がってたと思います。 スーツケースに入れてどこでも録音できるようなセッティングを目指して、さらなるスリム化を模索中。

19
そんなことばかりやってました。

downloads.solarbotics.net: TRIO: Music

「新生音楽」の初回は、高野とクラムボン・原田郁子によるスタジオライブを配信。 jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

15
時期的にテクノ、ニューウェーブの波が落ち着き、60年代、70年代の音楽を再解釈するようなムードに入っていました。 「なんだろう、この違いは!?」と思って「エレキギターは弾くのをしばらくやめよう」と思ったくらいショックでした。

高野寛の歌詞一覧リスト

オンエア当日の朝、高野はふとYMOが頭に浮かんだという。 僕もミックスしてて一番悩むのが低音の扱い方で、そこだけ不安が残るので、マスタリングだけはエンジニアさんに任せて、低音の問題を解決するようにしてます。 おそらく作り手はなんのために、どういう気持ちで音楽をやっているのか、これから続けていくのかという根源的なことを問われているような気がします。

15
Rock oN:すごいですね。