Appleの学割でiPhone/iPad/Macを安く買う方法

機種 最大下取り価格 iPhone XS Max 46,000円 iPhone XS 40,000円 iPhone XR 32,000円 iPhone X 28,500円 iPhone 8 Plus 26,000円 iPhone 8 18,300円 iPhone 7 Plus 19,400円 iPhone 7 12,200円 iPhone 6s Plus 10,600円 iPhone 6s 6,700円 iPhone 6 4,900円 iPhone SE(第2世代) 30,000円 iPhone SE(第1世代) 5,100円 iPad Pro 55,000円 iPad 22,000円 iPad Air 26,000円 iPad mini 29,000円 MacBook Pro 89,000円 MacBook Air 36,000円 MacBook 35,000円 iMac 68,000円 Mac Pro 166,000円 Mac mini 48,000円 Apple Watch Series 5 18,000円 Apple Watch Series 4 13,000円 Apple Watch Series 3 4,000円 Apple Watch Series 2 3,000円 ただし、上記はあくまでも最大額です。

ノートパソコンのMacbookであれば、通常価格がもっと高いため、商品によっては10,000円以上割引されます。

【最新版】Apple学割キャンペーンを徹底解説【対象・条件・期間】

つまり、学割対象製品の購入可能台数は 毎年4月にリセットされるので、1年のうちに2台以上のiPadを購入する予定である場合は 、必要な端末数と購入する月を考えながら学割を利用するとスムーズです。 サイズ感や使用感を比較できるので、思った通りの製品を購入しやすくなります。

12
また学割は、予告なく変更・終了する可能性もありますので、お金に余裕のあるときは、思い切って利用した方がよいかもしれません。

【Apple学割2021】MacかiPad買うなら今がお得!

大学、高等専門学校、専門学校の生徒• その他の商品は、6,000円~22,000円の割引です。 4GHz 4コアIntel Core i5 8GB 256GB 159,800円 149,800円 10,000円 2. 初期設定をしてもらえる• 基本的には下記のような順番で値段は高くなります。 学生の方や親御さんは、学割を有効活用して、できるだけ安くiPadを購入しましょう!. 6GHz 6コアIntel Core i7 16GB 512GB 248,800円 241,800円 7,000円 2. その後、Appleから送られる本人確認メールに、学生証などの書類の画像を添付して返信する場合や、問い合わせられるケースがあります。

10
東京都渋谷区神南• 学割可能台数は毎年4月にリセットされる 現状では、iPadであれば年間2台まで購入可能ですが、 Appleの学割可能台数は、 毎年4月になるとリセットされます。 対象外のデバイスは、無料リサイクルの対象です。

【最新版】Apple学割キャンペーンを徹底解説【対象・条件・期間】

証明もApple Storeでは提示でOKですし、公式サイトでもメールで証明すればよいだけなので簡単です。

パソコンは年間1台、ソフトウェアは年間2つまでと決まっています。 1GHz 6コア 214,280円 税込 202,180円 税込 256GB SSD 3. 時間帯を問わずに注文できるオンラインストアに対して、実店舗だとシリーズによって大きさやスペックが異なるiPadを手に取って選ぶことができるのがメリットです。

iPadを学割で購入する条件は?お得に入手する方法を徹底解説!

購入後1年間は転売禁止 購入後1年間は、転売が禁止です。

その時の記事はこちら 私の場合は結局自分のやりたい事とその優先度に一番合っているのはMac Book Airの方だという結論になり、iPad Proのセットは買わなかったのですが、 ペンを使って手書きメモやイラストを描きたいという場合はこのiPad Proがベストだと思います。 Apple Storeで購入したい人は、 身分証明書を持って行きましょう。

Apple 学割:高校生や中学生でも対象?親の代理購入はできるのか?

実際に、僕もこの制度を活用し、(父親のクレジットカードで決済)がある。 オンラインの自己査定で金額は計算できますが、実際の査定では異なることがあります。

8
iPadを購入するかを迷っている方は、iPadの使い道を知ると、可能性が広がって購入するかどうかの判断が付きやすくなりますよ。 近年、iPad用のタッチパッドなどが発売されていますが、パソコンとして使いたいのであればパソコンを購入しましょう。