車検証は再発行できる!車検証不携帯の罰則や再発行の方法とは?

また住所や氏名、名義などが変わる場合は、管轄の 運輸支局(軽自動車の場合は 軽自動車検査協会)に『車検証』を提出して、記載内容を変更しなければなりません。

1
運転免許証• また、再交付申請書も普通自動車とは異なり、OCR等申請様式(軽第3号様式)という書類を使用します。

【車検証の紛失!】再発行できるの?費用や罰則・手続きはどうなの?

この車検証の再発行の手続きイメージとしては、本人確認をして、車体番号も確認して、運輸支局にあるコンピューターの車検証をプリントアウトするという単純なものとなっています。

5
氏名変更に必要な書類は、以下のとおりです。

車検証の再発行・再交付手続き

理由書(軽自動車以外) 運輸支局で、軽自動車以外(普通自動車・バイク)の車検証再発行の手続きをする場合は、理由書が必要になります。 車検費用が安い傾向にあるので、金銭的にもお得感を感じやすいというメリットがあります。 理由書(車検証が残っている場合は不要)• ナンバープレート代:1,500円• ただし、申請書によっては認印でも可能なことがあります。

20
その際、下記をご用意ください。 また、車検証を返納できない理由には紛失や盗難、車検証と判断できないほどの汚損や毀損などが挙げられます。

車検証再発行の手続き方法は?軽自動車や管轄外での手続きは違うって本当?

Q3:車検証の再発行に必要な費用や日数は? A:車検証の再発行には再交付申請手数料300円が必要です。 「それだったら安くやってあげるよ」、「日頃お世話になってるからタダでやってあげるよ」みたいな感じで話が進むことがありますし、そうじゃないにしても運輸支局な場所、必要なモノ、手続き方法など丁寧に教えてくれますので。 陸運局は基本的に土日祝・年末年始は休みなので業者に依頼する時はスケジュール調整もしておきましょう。

車庫証明も一緒に業者に依頼する場合は不要です。

紛失した車検証を再発行するには?費用や書類(理由書・委任状)の書き方も解説

最後に車検証の記載内容と自動車が同一であるかの確認がされ、問題がなければ封印となり、住所変更の完了になります。

13
自分で車検証を再発行する場合 自分で車検証を再発行する場合には、申請に必要な書類をそろえておきましょう。 手数料納付書に自動車検査登録印紙を貼り付けたうえで、他の必要書類と一緒に提出してください。

【車検証の紛失!】再発行できるの?費用や罰則・手続きはどうなの?

遺失等の理由を記載し、使用者の記名押印もしくは署名が必要。 なお、免許の減点はありません。 そのため、車検証の紛失をそこまで甘くみてはいけません。

費用は手続きの方法によって異なり、自分で手続きを行う場合は手数料の300円のみ、代行業者に依頼する場合は別途、代行費用が必要です。 もしも車検証がない状態で公道を走行した場合、 6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課されてしまいます。

車検証の住所変更や再発行の手続き方法は?

再発行の流れとしては、陸運局もしくは軽自動車検査協会の事務所、または支所にて再交付申請書を記入し、再交付手数料300円分の印紙を購入して貼り付け、提出します。

ただし、手間がかかるのはデメリットです。 手数料納付書• 次に「車両番号」の項目に、ナンバープレートの番号を記入します。

車検証を再発行する方法|委任状など必要書類について解説

通勤通学で代車が必要な場合は代車サービスがある業者に依頼すると安心です。 誤字は委任者の捨て印による訂正しか認められない 内容に誤字があった場合には、訂正印を押印することが多いですが、 委任状の場合は委任者の捨て印による訂正しか認められません。

8
その場合、自賠責保険(いわゆる強制保険)の証明書も同時に紛失している可能性があります。