山本五十六「暴走」に見る日本軍の組織的欠陥

〈機動部隊は戦果報告と同時に第一航路を執り、L點(てん)を經て歸投(きとう)するの電昨夜到逹す。 1月14日ごろ山本は参謀長・大西瀧治郎少将へ手紙を送り、1月26日か27日に大西が長門の山本を訪ねてきた。

6
イソローク・ヤマモトはカジノで骨抜きにされていました。

ミカドの国を愛した[超スパイ]ベラスコ~高橋五郎・著 徳間書店

はっきりと、『海軍は(戦争を)やれません。 相手の後ろにくっつこうとしながら試し撃ちをしていたところ右のエンジンが火を噴き、ジャングルの中へ落ちていった。

12
空母「赤城」、「」、「」の被弾炎上という急報を「大和」作戦室で渡辺安次と将棋を指している時に受け取ったが 、「うむ」「ほう、またやられたか」の一言だけをつぶやき、将棋はやめなかった。

金貸し勢力のスパイの証言(19)~山本五十六海軍大将の正体は世界秘密結社メンバー~

4ヵ月後に「」艦長に就任。 WGIPが開戦前に存在していたとすれば別ですが、後になって出てきたものから陰謀論にいきつくのはちょっと無理があるのではないでしょうか。

8
昭和天皇は山本の国葬が決定された際、侍従武官・に「山本元帥を国葬にしなければならないのかね」と疑問を呈したが、にで国葬が行われた。

山本 五 十 六の真実

しかし、日本の敗戦が濃厚になったのは、連戦連敗、消耗を強いられた状態で、開戦から2年経過した時点でした。 ガダルカナル島の戦いで苦戦する一因となったを破壊すべく、山本は戦艦「大和」「」を率いて最前線に赴くことを検討し 、陸軍大本営参謀・にも同様の返答をしたが 、結局取りやめている。

16
この時代は近代海軍ができてまだ30年弱と日が浅い時期ですし、藩閥も大きく影響していたわけですので、一種特殊な時代といえるのかもしれませんね。 山本五十六「やってみせ」(全文) 格言クリアファイル 大和. 昭和 [ ] 航空本部 [ ] (3年)3月に帰国後、8月から軽巡洋艦「」艦長を務め 、水雷学校での講義で将来の海軍は航空主兵となること、対米作戦では積極作戦をとりハワイを攻めるべきと発言している。

ミカドの国を愛した[超スパイ]ベラスコ~高橋五郎・著 徳間書店

どうしてもアメリカとやれといわれれば、アメリカともやってごらんにいれたいね。

17
陰謀説を証明する事実や証拠なんて全く世に出ていないので、これまでのご助言に感謝し一件落着にすべきと考え始めています。 は大義院殿誠忠長陵大居士。

山本五十六はスパイだった!?

この前線指揮に関して、山本は、ガダルカナル島攻略をハワイで指揮する司令長官を引き合いに出し、後方の戦艦「武蔵」で指揮をとることを望んだが、連合艦隊参謀長・宇垣纏に説得された。 そのような疑惑がもしあるとすれば「開戦通告文の遅れ」ですが、これは外務省の不手際であったことが公式に認められており、これにも山本は関わっておりません。

6
でもそれを決めたのは日本政府。 外国機の輸入と研究に積極的であったが「外国機の輸入は我航空科学技術の恥辱と思わねばならぬぞ。