【スプラトゥーン2】ウデマエが上がらない方必見!X勢が教えるガチマッチ講座|ゲームエイト

というわけで今回の記事はここで終わります! すこしでもためになったなと思ったら各SNSのフォローや拡散していただけると嬉しいです! この記事も含め友達などにも教えてあげてください! さらば!. これを直線&左右にぶっ放すだけで相手プレイヤーに結構なプレッシャーを与える事が出来ますよ。

16
S+帯では キルやエイムの良さよりも立ち回り第一!! S+帯は立ち回りをする上で考えるべきことはたくさんあり、 適切な立ち回りと状況判断、チーム意識 あとに解説します がウデマエXに上がることへの課題です。 ガチヤグラのカギを握るスーパージャンプ ガチヤグラのカギを握るのが スーパージャンプ。

【マジか】ガチマッチのゾンビギアが弱い理由を徹底解説!|リオラch

少なくとも最前線で立ち回っている味方へ飛ばないようにすることと、できることなら、安全を確認できない状況でのスーパージャンプの使用は控えることを徹底しましょう。

17
まず、なんとかして打開をしましょう。

味方の動きを探れ 勝率を上げるガチマッチの立ち回り(エリア)

自分が対面しにいくふりだけして 敵をあぶり出します、カモンなりなんなりで味方に協力してもらい、必ず自分は生きて敵を倒しましょう。 ハイパープレッサーを撃つときは自分が実質1枚落ちになるため味方の負担が大きくなります。 後ろで芋ってスペシャルを使うだけの立ち回りは本当に、全く意味がありません。

17
ここで全滅してしまうと一気にガチホコを運ばれてしまってノックアウトという事も多いので. 逆にガチホコを割られてしまった時、爆風で倒されないようにする事が重要。 A- エイムとキャラ操作の向上。

【スプラトゥーン2】ガチマッチの立ち回り方!ガチマッチ各ルールのコツ!まとめ

check 敵が近くにいる場合は、引きこもると逆転負けを招く可能性があります。 守るべき状況解説 カウントで勝っている場面 ガチホコを先に進めてカウントで勝っている場合は、 徹底的にホコが通るルートを潰すことが重要です。

3
とは言っても周りはちゃんと見て行動するように。 エリアのカウントが結構取られてしまうからといって、焦ることなどありません。

【スプラトゥーン2】地雷確定?絶対やってはいけないタブーな立ち回り3選!|ゲシピ

投げる場所は今自分や味方がいる位置の相手陣地を狙って. 例・『詰めるときにばれてしまうからイカニンジャをつけよう』『インク切れをよく起こすからサブ効率をつけよう』など ちなみに ガチマッチと対抗戦ではゾンビを付ける理由は変わってきます。 ヒーローモードをクリアできるぐらいのエイムとキャラ操作。

16
ちなみにマリオカート8でのmk8. 上手くできるならね。

【スプラトゥーン2】ウデマエが上がらない方必見!X勢が教えるガチマッチ講座|ゲームエイト

自分次第でいくらでもキルにつなげられるからです。 逆に、自チームが割っている場合は、 少し有利な状況なのでゆっくり敵の場所を確認しましょう。

6
そしてなるべく倒されないように. B帯とはスピードやエイム力が異なり、最初はまったく歯が立ちませんでした。

【スプラトゥーン2】脱・初心者!ガチマッチで勝つための立ち回り

S+帯での立ち回りがわからない。 ガチエリアでB帯を勝ち抜く立ち回りとは? ガチエリアは慌てて取り返さない ガチエリアを取られると相手のカウントが進む。 具体的にどうするかというと、その味方を囮にします。

19
S+帯で勝ち続けられない。

【スプラトゥーン2】ALLウデマエXが解説するS+帯で勝ち続けるために必要な5つの立ち回り!【勝てない人必見】

準備出来次第お届けするのでお待ちいただきたい。 正直、負けている時の裏取りに近い行為は賛否両論あるが、B帯であれば、ガチエリアが両方取られている時は、味方自陣側に3人、敵陣側のエリアに1人で打開したほうが結果的に打開しやすいと感じる。 相手に塗り替えされたということは相手の前線が押しあがって塗り替えされた周辺には敵が潜んでいる可能性が大きい。

15
サーモンラン ルールとクリアするコツ• そして、カーリングボムは 塗りがない場所を簡単に移動できるため、 前線を無視した行動がしやすいです。

【スプラトゥーン2】ガチマッチで勝てない人へ、ルール別立ち回りまとめ

前線の位置は塗りで決まる 前線の位置は塗りで決まります。 打開で強いスペシャルは イカスフィア、ボムピッチャー、バブルランチャーとマルチミサイルです。 2人落としたくらいでは、塗り固める前にまたキルを取られて 一方的な敵の打開のタイミングを作り出すことができません。

今回の記事は僕が少し前に動画にしたものを簡潔にしたものとなっておりますのでよければこちらも合わせてみていただくと、より理解が深まるかなと思います。