転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ

転職年度から、特別徴収制度を適用するという意味では、2つの方法があります。

ですから、この方法が可能なのは社長とその近親者だけの会社に限定されます。

Q169 入社・退職時の「住民税特別徴収」関連手続

退職日6月1日~12月31日:普通徴収、希望すれば一括徴収も 退職日が6月1日から12月31日の場合は、住民税の税額が決まり納めている最中。

【7月以降の住民税の特別徴収(6月だけ徴収額が多い)】 住民税を特別徴収する場合、その年税額を6月から翌年の5月までの各月に12分割して各月の給料から徴収し(天引きし)納付することになります。 個人が直接役所に届出を提出し、特別徴収に切替ができるわけではありません。

【記入例付き】転職・退職時の住民税はどうなる?手続きや納付方法

15s ease-in-out;box-shadow:inset 0 1px 1px rgba 0,0,0,. その後、転職して転職先の会社の特別徴収が可能になった時点で、普通徴収から切り替わることになります。

2
私も会社員として働いていたことがありましたが、自分の住民税のことは全く無頓着で計算したことなんてありませんでした。 住民税は、その人の総所得から控除などを差し引いた課税所得に応じて課税されるので、副業の確定申告による所得も含めて計算されます。

転職者は要チェック!転職後の住民税の手続きまとめ

間違いが発覚したときは、直接役所に問い合わせる前に、まずは会社の経理担当などに問い合わせてみるとよいでしょう。

1つ注意点としては、「給与支払報告・特別徴収に係る給与所得者異動届出書」の必要事項を退職前の勤務先で記入し、その届出書を新しい勤務先に送付した上で、新しい勤務先で「転勤(転職)等による特別徴収届出書」の欄に記入して市区町村に提出する、という流れになるということです。 すると、自治体から住民税の納付書が自動的に送られてきます。

『転職時に住民税の特別徴収制度を継続できませんか?』というお問い合わせに対して

退職、転職、再就職する際には、その間の住民税についてどうやって納税すればよいのか、まずは興味を持って確認する意識を持つことがとても大切です。 特別徴収切替手続きの注意点 普通徴収の納期限がすでに到来したものについては特別徴収への切替えが出来ません。

10
ただし、2月から勤務を開始したなど、給与支払報告書の提出が遅れていた場合、5月に特別徴収通知書が届かないこともあります。

【住民税】転職した場合の4つの納付方法と注意点 | マネーの達人

2rem;color: fff;height:35px;background-color: 6c757d;display:inline-block;font-weight:400;text-align:center;vertical-align:middle;text-shadow:none;cursor:pointer;-webkit-user-select:none;-moz-user-select:none;-ms-user-select:none;user-select:none;border:1px solid 6c757d;transition:color. 住民税の額は、あくまで前年の所得で計算されます。 住民税の所得割部分は収入金額に応じて増額するため、年収が上がれば住民税も上がります。

ただ年収が多い人ほど税額が高くなり、一括では負担が大きいと感じることもあるでしょう。

『転職時に住民税の特別徴収制度を継続できませんか?』というお問い合わせに対して

住民税は個人だけでなく法人にも課税されており、1月1日時点で住所のある自治体に納付します。 一括徴収 継続して特別徴収を行えない、もしくは行わない場合は退職の時期により、以下の通り住民税の徴収が行われます。

17
受けられる控除をすべて申請すれば、税額が軽減できて離職時の負担も減らすこともできるでしょう。