調べてみた。WHO事務局長、テドロス・アダノムは中国の犬。

jp-carousel-photo-description p i,. いま、テドロス氏のもとでWHOが取り組んでいるのは、移り変わる各国の感染状況と対策の情報を集めて検討し、各国に結果を共有して対策の基準を示し、必要なら支援を提供していく努力だ。 さらに、マスクなど医療用製品の不足が世界的に問題となっている中、台湾は自国でのマスク生産を日産約1500万枚に引き上げ、日本などへ提供を始めるなど、世界が台湾の存在感に注目している最中でもあった。

6
ニューヨーク州の住民がWHOを提訴 アメリカの連邦裁判所でニューヨーク州の住民によるWHOに賠償を求める集団提訴がされました。 100万人超えの人々から辞任要求 テドロスの辞任を要求する署名がネットで集まったそうです。

高須院長「戦犯はWHO。テドロス事務局長」 橋下徹氏「騒動の元凶はWHOだ!」/芸能/デイリースポーツ online

中国の影響力が強い国際社会において、いわゆる「マスク外交」を展開し、台湾の存在感を高めようという意図が感じられる。 せめて、全世界を含めて「我々」と言わずに、テドロス氏自身である「私」と言って欲しいものです。 そして、WHOの理事長選挙に、習近平指導部がテドロス氏を推薦するために、なんとアフリカ連合に対して、巨額の融資をしました。

1
mejs-container-keyboard-inactive a:focus,. テドロス氏に対する批判の高まりは、専門分野に全力で取り組むことを任務とする国連の専門機関、とりわけそのトップに、むしろ高度な政治的手腕こそが問われるようになっている現実をみせつけている。 その後、テドロス事務局長は、3月11日のパンデミック宣言に至るまで繰り返し各国・各地域に向けて注意喚起を続け、同時に中国からの入国制限は不要であることも再三にわたって主張した。

WHOテドロス事務局長が再選に意欲 各国から「ふざけるな!」 (2021年5月6日)

そのことを熟知している中国は、それまでの香港のマーガレット・チャンWHO事務局長の後任選挙でテドロスの後押しに走り回ったが、2017年5月23日のWHO総会における選挙で見事に成功している。 ・アメリカは、中国への渡航を禁止する措置を発表。

1月30日、第二回IHR緊急委員会が開催され、新型コロナ感染拡大状況についてPHEICの要件は満たされたとの結論が下された。

WHOのテドロス事務局長は、なぜ辞任しない?

合併というよりも「呑み込んだ」と言ったほうがいいかもしれません。

jp-carousel-photo-description p strong,. アフリカの指導者や政治家、科学者をはじめとする幅広い層からの応援メッセージをツイッター()でリツイートしている。

WHOもテドロスも、そして中国も「詰み」だ…米政府発表の重大な意味(長谷川 幸洋)

3 ;border-left:10px solid rgba 0,0,0,. このようにWHOの事務局長は、必ずしもWHO出身者でなくてもなることが出来ます。

報告した後も、すべての情報を共有せず、危険性を隠蔽した」と中国を批判した()。

WHOのテドロス事務局長は、なぜ辞任しない?

というより、仰天した。 というのも、新型コロナのパンデミックに対するテドロス氏の対応については、世界中から批判の声が上がっている。 それでもWHOの手腕が最も強く期待される時に、批判に耐えて対応を進めるのではなく、自らに対する批判に真正面から反論して国際協調を損ねるWHOのトップの姿は、やはりこの時代の国連機関のトップとしてセンスを欠いていると言わざるを得ない。

8
「私は最初の機会を無駄にした」と。

WHOもテドロスも、そして中国も「詰み」だ…米政府発表の重大な意味(長谷川 幸洋)

2019年12月に中国・武漢発で世界的大流行となった新型コロナ対策の陣頭指揮を執ってきたが、振り返れば後手後手の連続だった。 このようにWHOの事務局長は、必ずしもWHO出身者でなくてもなることが出来ます。 この組織の歴史を遡ると 1975年2月28日、ティグレイ人民解放戦線(TPLF)を結成、最初は国民党をクーデターによって倒した中国共産党のようなゲリラ軍として活動していました。

2
であるWHOだけの責任ではありませんが、対応が甘かったことは確かであり、テドロス事務局長は、史上最悪の事務局長として歴史に名前が残るでしょう。

WHOテドロス事務局長が再選に意欲 各国から「ふざけるな!」 (2021年5月6日)

同じ人の中に良い部分と悪い部分がある。 日本も対中関係の見直しを急ぐべきだ。 related-entry-heading::before,. 各国はそれぞれ責任がある。

8
中国は、1月当初に対応の後れを見せたものの、他国より先にエピデミックが発生したことから、検査情報やウイルスの遺伝子情報をWHOに提供し、さらに武漢市封鎖以後はスマートフォン等を用いた徹底した個人の追跡を行って感染者や濃厚接触者の管理を実現した。

高須院長「戦犯はWHO。テドロス事務局長」 橋下徹氏「騒動の元凶はWHOだ!」/芸能/デイリースポーツ online

テドロス事務局長の言葉通りであれば、 今頃は「世界中への感染拡大」は防がれおり、平和が訪れているはずです。

11
しかしそれでも、解決に向けて一歩前進なのだ。