藤井 聡太 を 忖度 なし で 応援 する ブログ

棋聖戦は五戦やって先に三回勝てば奪取です」 「じゃあ、かなり可能性はあるな」 「どうですかね……」 私は口を濁した。 魔太郎は居城に引きこもり、いつしか「魔王」と呼ばれ、ファンや棋士から畏怖される存在になった。

14
概要を表示 か()か? 終盤、が七段の劣勢・敗勢を判定している、七段が一気に玉を詰ませて(or寄せ切って)勝つとか、がした手が、結果遡ってみたら勝因だったとか… 「超え」のが何度も発生。 初めてのタイトル戦で、聡太君がすでに二勝(特に後手番で)してることの方が信じられなかった。

藤井聡太が棋聖になった7月16日のこと|ながいふうか|note

予期せぬコロナ禍によって、渡辺明は棋聖戦と名人戦を同時期に戦わなくてはならなくなった。 勝利すれば中学生初のC級1組昇級と五段昇段が決まる。

1
この後、感想戦や記者会見まで会社で見ていこうと思っていた。

[B!] 速報・ニュース

勝利すれば 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段 このサイトをご覧頂くには、Adobe Flash Player9以上が必要です。

17
私はデスクに肘をつき、がっくりと顔をうつむかせた。

藤井聡太、応援~さきどりちゃんねる~

あと眼光がめっちゃ鋭かったです」 「声をかけたのか?」 「いえ、とっさのことで……いつもブログ見てます、ぐらい言えば良かったかなと……」 後になって悔やんだ。 前人未到の30連勝に挑んだ1日を追う。 高校生棋士の藤井聡太七段(17)が勝利に近づいていた。

「そうですね」 「殺害予告されてるんだろ?」 「瀬戸署の刑事が自宅に監視カメラを設置したらしいですね」 あまりに強い光は、闇夜の外灯のように良いもの、悪しきものもすべて呼び寄せる。

[B!] 第70期(2020) 王将戦挑戦者決定リーグ 星取表 日程 結果

いつも思うのだけれど、この落ち着きはなんなのだろう? 普通タイトル戦ともなれば平常心ではいられないはずなのに。 今回のテーマは、コロナ禍のもと、7月16日に関西将棋会館で行われた、藤井聡太(当時七段)が渡辺明棋聖に挑んだ棋聖戦第四局のことです。

11
最初は羽生善治のライバルはどんなやつなのか、そんな気持ちで渡辺明のブログを読みはじめた。

藤井聡太、応援~さきどりちゃんねる~

羽生善治、佐藤康光、森内俊之……いわゆる「羽生世代」は強すぎた。 異世界ファンタジーモノで主役は正義の勇者。

14
最新記事の見出しは「藤井聡太七段の手にボロボロの扇子 師匠は胸が詰まっ は初めての登場となります。 だから今回の棋聖戦は、藤井聡太に心を奪われかけながらも、渡辺明も応援するという複雑な気持ちで見守っていました(これを書いた動機は、藤井聡太が勝った相手はこんなにすごい棋士だったんだぞ、と言いたかったのかも)。