【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~

途中には、進化の実態を解き明かそうとする科博の研究者たちの試みや成果を知ることのできるコーナーもある。 天候を気にせずお出かけできる屋内スポットとして、博物館が人気です。

17
絵本の世界が展示室に広がり、標本とともに生命進化の歴史を楽しみながらたどれます。

この冬おすすめ!「絵本でめぐる生命の旅」

この展覧会は、自然や科学を題材としている絵本を通じて、約38億年前に出現したとされる最初の生きものから現代まで、進化の歴史を楽しみながらたどるものだ。

14
入室には、整理券が必要で、平日は館内での当日発券のみ(無料)、土日および祝休日は事前購入(200円)が必要です。 Embark on this journey of evolution carried on from our ancestors. 「骨の旅」をたどりなおしていくことは、私たちと、たくさんの生きものたちとのつながりを、みつけなおす旅でもあるのです。

国立科学博物館 企画展「絵本でめぐる生命の旅」 めぐり、つながり、新たな扉を開く。絵本を案内役に、進化の旅へ

聞いて学ぶ 耳で聞いて学ぶ場面もあります。 (先着順、予約はできません) 定員15席。

なつかしい絵本と再会したり、新しいお気に入りの絵本との出会いがあるかもしれません。 ここは、動物の標本や恐竜の骨格標本などの「本物」と間近で接しながら、親子が自由に過ごせる場所です。

企画展「絵本でめぐる生命の旅」国立科学博物館で、絵本で辿る魚類からヒトへの進化

さらに、科博が行っている調査・研究や、関連する常設展示を紹介するコーナー、生命の進化や自然科学に関係する絵本を100冊以上集めた読書コーナーなども用意されている。 「標本を見ていると、頭の中に絵本の物語が浮かび上がってくるような体験をしていただけたらうれしいです。 国立科学博物館(科博)の日本館で開催中の「絵本でめぐる生命の旅」はそんな人にこそおすすめの企画展だ。

19
哺乳類、爬虫類それぞれの進化について知ることができる• 小さなネズミのような生き物から、いまの人間までをたどる。

親子で行きたい『絵本でめぐる生命の旅』展 生命の進化を絵本でたどる

つまり、企画展を見終わった後、追加料金なしでお隣の地球館の常設展示を見ることも可能です。

9
「絵本でめぐる生命の旅」は、これらの絵本を展示の中で活用することによって、 いつもとは違う科博の楽しみ方や自然科学に興味をもつきっかけを提供できるのではないかと考え企画された、これまでにないユニークな展覧会です。

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~|文化庁のプレスリリース

この冬休みに親子で楽しめる企画展「絵本でめぐる生命の旅」が、2019年12月17日から2020年3月1日まで国立科学博物館にて開催されているので、ご紹介しよう。

中生代の生態系進化の時空的分析をテーマに、個々の恐竜だけでなく、同じ生態系にいた他の動植物との関係などを、少しでも理解したいと努力を続けています。 もっとくわしく、もっと広く知りたくなったら、企画展示室から常設展に足をのばしてみてください。