「概ね」の意味とは?読み方・程度・類語・英語表現|敬語の使い方例文も

ビジネスシーンのみならず様々な場面において使うことの多い表現であるだけに、「概ね」よりもその意味を理解しやすいのではないでしょうか。 普通に賛同をするのに抵抗があるという心理状態においても、「概ね賛成です」とすると、微妙な心境を含ませることができるでしょう。 「概ね」の使い方 「概ね」は「おおむね」という読み方をし、「大旨」と漢字で表記されることもありますが、この場合は「大旨のことは理解した」などのように大体の趣旨を意味する名詞として使われます。

「概ね」の類語の5番目は「ほぼ」です。 「」は本来、からそうであった意である(例、「お噂は伺って」)。

「概ね(おおむね)」の意味と使い方は?トラブル回避のため知っておきたい!

また、全体を大づかみにしたところ。

1
被害の状況は概ね把握しておりますが、見落としがないか再度確認中です。

「概ね」の範囲は8割?正しい意味・程度・時間は?読み方は?「かねがね」との違い

したがって、「今の生活に概ね不満がある」「概ねだ」などとは普通は言わない。

3
とりわけ、正確な情報が求められるビジネスシーンでは、具体的な数値でもって報告することをおススメしますが、場合によっては、上手に「概ね」を用いてみるのも良いでしょう。

「概ね」の範囲は8割?正しい意味・程度・時間は?読み方は?「かねがね」との違い

(出典:大辞林 第三版) それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。 副詞として使う際は「参加者は概ね男性だ」「アンケートでは概ね満足と答えた」などのように「概ね」もしくは「おおむね」と表記します。

この場合、「事業は概ね順調に進行できています」という表現には「事業はほぼ順調に進んでいます」といった意味が含まれます。 「おおかた」に含まれる「おそらく・たぶん」という意味を見ていきます。

「概ね」とは?意味や使い方を解説!

つまり、「大旨」は文章や論説に関して用いる用語であるのに対し、「概ね」は幅広くさまざまな物に使用することができるという違いがあるのです。 あらまし。 「大体」の類語 「大体」の類語・類義語としては、全体の要点をまとめたものを意味する「概要」、事柄の全体のあらましを説明することを意味する「概説」、細部にこだわらず概略を判断する様子を意味する「おおよそ」、はじめからを意味する「もともと」などがあります。

2
その他にも、上司に仕事の状況を報告する場合などには「事業は概ね順調に進められています」といった表現が使われることがあります。 「概ね」の表現の使い方• そのため、「大体彼はいつも人を見下す」を「概ね彼はいつも人を見下す」という表現に変えてしまうと、いつもではなく8割方を意味する「概ね」と「いつも」が矛盾する表現となってしまいます。

概ねの読み方と意味、「おおむね」と「がいね」正しいのは?

どの言葉についても概ねと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

15
気温や降水量などを表すときに「確定はできないけれど、だいたい平年並み(毎年の平均的な値)である」という意味で使われます。

「概ね」とは?意味や使い方!例文や解釈

「outline」を用いて「outline a plan」とすると、「計画の概略」という意味になります。 今の生活に概ね満ている(今の生活には、わずかな不満もないが、それをには満ている)• 例文1「病気の経過は概ね良好だ」 病気が快方に向かっている状態の中で「どれくらい良好なのか」という程度を表す使い方です。

概ねを使うときは細かい所を気にしないでおくべきです。 「outline」とは、「物事の輪郭」「要点」などといった意味のある言葉で、日本語としても「アウトライン」という表現をすることが多く定着している言葉です。